5/10放送で東京撫子(とうきょうなでしこ)も6話目となります。
しかし、第2話~第5話ではepisodeというキーワードが付いていたのですが、
今回6話目ではその表記が消えてしまいました。

しかも、6話目の出演者はナビゲーターの宮本りえさん以外は
何も記述されていないんですよね。

今までとは異なる若干不確定要素の多い6話ですが、
いつものようにあらすじ情報や出演者情報を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

東京撫子(とうきょうなでしこ)~15年後の私~のあらすじは?

ひょっとして5/10は今までの総集編なのかな?
とも思ったのですが、しっかりあらすじはあるので
いつも通りの「女性の笑顔」をテーマにしたショートストーリーのようですね。

今回の主人公は看護師5年目のミハルです。
看護師の一人前の目安は一般的には3年と言われています。

これは新人看護師の指導役が看護師経験3年からなんですよね。
となれば看護師5年となればすっかり一人前で新人だけでなく、
後輩看護師もどんどん引っ張っていく若手のホープという位置づけですね。

しかし、仕事に慣れてしまったせいか、
何でもそつなくこなせるようになった反面、
仕事に新鮮味を感じなくなり、
何か物足りなさや行き詰まりを感じ始める時期でもあるんですよね。

ミハルもやはりそんな現状に思い悩んでいるようで、
そんな中で来た友人からの連絡だったわけです。

その内容は
タイムカプセルを開けないか
とのこと。

サブタイトルの「15年後の私」から考えればタイムカプセルを埋めたのは
15年前ということになります。
となると、逆算すれば小学校卒業くらいということになるでしょうか。

過去の自分を振り返ることで何かを見つけられるのではないか
と思ったミハルは昔の友人とタイムカプセルを開けることになるのですが、
結末は果たしてどうなるでしょうか?

実は6話目は宮本りえがナビゲーターと女優を兼任?

最初にお話したとおり、
今回の出演は宮本りえさんだけとなっています。

番組放送後に公表するということも有り得なくはないですが、
宮本りえさん自身がミハルを演じる可能性も否定できません。

まあ、宮本りえさんの経歴はファッションモデル、女優ですし、
過去にも映画やドラマに出演した経験もありますので、
今回東京撫子(とうきょうなでしこ)に出演しても何も問題はないんですよね。

宮本りえってどんな人?

翌々考えてみると今まで過去にドラマに出演した人の紹介はしていましたが、
1話から登場している宮本りえさん自身の紹介ってしてませんでしたよね。

ということで今回は宮本りえさんを紹介します。

まずは宮本りえさんのプロフィールはこちら。

生年月日 1981年4月23日
出身地 日本・埼玉県
血液型 O型
身長 168 cm
スリーサイズ 78 – 59 – 86 cm
靴のサイズ 24 cm

過去にはパリコレにも出演したこともあるようですね。

そんな宮本りえさんのモデルっぽい映像がこちらです。

映像自体は4年前とちょっと古いですが、
非常にスラっとしたいかにもモデル体型といった感じですよね。

東京撫子 6話の出演者が判明!一体誰!?

なぜか放送後も公式ページ上でも更新されないままだったので、
番組最後のスタッフ紹介で確認しました。

どうやら、ミハルを演じていたのは
女優の水木彩也子さんであることが判明しました。

水木さんのプロフィールはこちらです。

生年月日 1991年10月7日
出身地 島根県
血液型 A型
身長 166 cm
スリーサイズ 78 – 58 – 86 cm
靴のサイズ 24.5 cm

実は、この東京撫子のスポンサーである
アリシアクリニックのCMにも出演しているんですよね。

そのCM映像がこちらです。

CMには3人の女性が出演しています。
ちなみに他の2人は冨田樹梨亜さんと大橋由起子さんです。

この2人も今度の東京撫子(とうきょうなでしこ)に出演しそうな予感もしますが、
果たしてどうでしょうね?