6話直前となりましたが、第5話のおさらいをしたいと思います。
まずは事前抜き理論と合コンコンプライス3か条から。

合コン慣れした人にとって見れば
全く逆じゃないの?
と疑いたくなる内容かもしれません。

しかし、実はこれらの理論は
合コンの目的とは何か?
を再確認する上で非常に重要なLOVE理論なんです。

スポンサーリンク

事前抜き理論で賢者モードで合コンに挑め!?

女性から見る極端な男性のイメージというと
いつもエッチのことしか頭にない
というところでしょうか。

これは生物学的に見てもオスとメスでは発情の周期に違いがあり、
ヒトも例外ではないからです。

しかし、そんな男性でもエッチの欲から解放されるときがあります。
それが自分でしてしまった後です。

一部では「賢者モード」とも呼ばれるこの状態。
どんな男性でも明鏡止水の心を持ち、
賢者のように至って冷静になれるという状態です。

とはいえ、賢者モードの期間には個人差があり、
体力が有り余っているような若い世代だとこの期間が短い傾向にあるため
いざ合コンの際にすでに賢者モードが解除されていることもあります。

ただし、それでもしないよりしたほうが健全な気持ちで臨めることは確かです。

合コンコンプライアンス3か条を改めて確認!

合コンコンプライアンス3か条は以下の内容でしたね。

  • 一気の強要・または意図的に終電を逃させる行為を絶対にしてはならない
  • その場限りのHを目的とした言動は慎み健全なる会話を心がけること
  • 万が一相手が酔った状態でHのチャンスに至った場合、
    これは交際を前提としたHであることを相手に一筆書かせHに臨むこと

一般的に「合コンのプロ」と言われている人ほど破ってしまいがちなのが、
この合コンコンプライアンス3か条です。

例えば一気の強要ですが、これは「大変じゃない?理論」を使えば
無理やり飲ませる必要はなくなりますよね。
つまり
「北風」ではなく「太陽」になれ
というわけです。

ところが実際には場の勢いで無理やり飲ませてしまいがちです。
これは逆に女性を警戒させることになるため、NGなんです。

とはいえ、
合コンのプロが破っているならコンプライアンスそのものが間違っているんじゃない?
と思ってしまいがちです。

しかし、ちょっと待って下さい。
ここで合コンの目的は何だったか?
を確認しましょう。

合コンの目的は何?

本来の合コンの目的は
女性と出会う
ということです。

決して、
女性をお持ち帰りすること
でありませんのでご注意ください。

実は事前抜き理論も合コンコンプライアンス3か条もこの原理原則に基づいています。

もちろん、以前BTO理論というLOVE理論では複数の女性、
特に好みとはかけ離れた女性と関係を持つことを薦めていました。

しかし、この相手を合コンで見つけてはいけないわけです。

言い方は悪いですが、
対象を絞りこまなければ方法はいくらでもあります。

極論ですが、ハードボイルド作家の北方謙三氏の名言(迷言?)に従い
その手のお店に行くという方法もあります。

であれば、
合コンでの「場の勢いでの」行為が如何に愚かであるか
ということは明白です。

日本代表理論でもお話しましたが、
どんな絶世の美女が相手であれ、合コンには冷静な態度で臨め
というのがLOVE理論の鉄則のようですね。