LOVE理論 10話でも気になる曲が流れてましたよね。

また、
あれ、このフレーズ聞いたことある!
と思った人もいるでしょう。

そこで、LOVE理論 10話で流れた名曲、名言を改めて確認したいと思います。

スポンサーリンク

LOVE理論 10話の冒頭で流れた曲はやっぱりあの曲!?

まずは桐谷怜子(清野菜名)が今田聡(大野拓朗)に
高校時代の中里有吾(小柳友)との思い出を語った時に流れた曲から。

曲名は中島みゆきさんの名曲「空と君のあいだに」です。
しかし、歌っている人は絢香さんです。

実は前にも紹介したアルバム「遊音倶楽部 〜1st grade〜」の収録曲です。
ちなみに「空と君のあいだに」は6曲目です。

ちなみに絢香さんの歌う「空と君のあいだに」ですが、
実はPVもあるんですよね。

何となく、中島みゆきさんの「空と君のあいだに」が主題歌だった
あのドラマを思い出すような内容ですが・・・。

ちなみに私が確認できた曲はこの1曲のみでした。
ひょっとしたら他にも名曲が流れていた可能性もあるので、
もう少しチェックしたいと思います。

LOVE理論 10話で水野愛也が口にしたあのフレーズは安西先生!?

LOVE理論を使いまくって自暴自棄になった今田を
水野愛也(片岡愛之助)が優しく諭すシーンがありましたよね。

そこで水野が口にした
諦めたらそこで試合終了ですよ

なんか聞いたことありませんか?

そうです。
これ、伝説のバスケ漫画「スラムダンク」で
ホワイトヘアードブッダ(白髪仏)と呼ばれ皆に尊敬されている安西先生の名台詞です。

ちなみに実際にこの台詞が確認できるのは
スラムダンク単行本8巻の145ページとのこと。

昔、週刊少年ジャンプで連載されていた頃のスラムダンクを
読んでいたことを思い出しました。

ひょっとして、もう一つの安西先生の名台詞
まるで成長していない・・・
も聞けるかもしれませんね。