TBS系木曜日22時の新ドラマ「表参道高校合唱部!」。
7/17にいよいよ放送開始になりますね。

夜22時放送のドラマにも関わらず、
「表参道高校合唱部!」のドラマのジャンルは
いわゆる「青春ドラマ」です。

時間帯とターゲット層が合っていないんじゃないか
とドラマを心配するような指摘もあります。

確かに日テレの土曜21時とかテレ朝、テレ東で放送されそうなドラマですよね。
しかし、私自身はドラマ「表参道高校合唱部!」にはかなり期待しています。

シリアスな内容の中にふんだんに盛り込んだコミカル要素。
それにオーディションでキャストを厳選して得られた歌唱シーン。

金曜日の夜10時放送ということで、
このドラマで1週間の疲れがこのドラマで取れる予感がします。

そんな新ドラマ「表参道高校合唱部!」の第1話のあらすじと見どころを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

表参道高校合唱部! 第1話のあらすじは?

舞台はドラマの題名にもある通り、東京の高校「表参道高校」。
主役の香川真琴(芳根京子)は香川県から表参道高校に転校することから物語が始まります。

真琴には表参道高校でどうしてもやりたいことがありました。
それは名門合唱部に入部することです。
香川県で熱心に合唱部に打ち込んでいた真琴にとっては
東京の合唱の名門校はまさに憧れの存在です。

さらに合唱部の顧問は真琴が合唱に打ち込むきっかけとなった鈴木有明(城田優)です。
否が応でも真琴の期待は膨らむばかりです。

しかし、表参道高校で真琴は衝撃の事実を知ることになります。
それは合唱部が部員不足で廃部寸前であること。

しかもその元凶が顧問の有明であることを
部長の相葉廉太郎(泉澤祐希)と部員の佐々木美子(萩原みのり)から聞かされます。

真偽を確かるべく真琴は有明に会いに行くと、
そこで見た有明にはかつての情熱的な姿はなく、
すっかり酒と女とギャンブルに堕落しきっていました。

かくして真琴の合唱部の立て直しが始まります。
しかし、数々の難問が真琴の前に立ちふさがるようで・・・。

表参道高校合唱部!の見どころは?

あらすじや予告映像を見た限りだと
ドラマ「表参道高校合唱部!」には数々の謎が含まれているようですね。

それぞれの謎に注目しながらドラマ「表参道高校合唱部!」を見ると
新しい発見があるかもしれませんね。

真琴が東京に来た目的は?

ドラマの冒頭を見ると、東京に引っ越すのは真琴と母・美奈代(堀内敬子)の二人だけ。
父・雄司(川平慈英)と妹・真弓(松本来夢)は香川の小豆島に残るようです。

となるとなぜ家族が分断される形で
真琴が東京に転校することになったのが気になりますよね。

どうも、
両親が青春時代を過ごした表参道高校合唱部でやらなければならない“ある目的”
と関係しているようにも見えます。

”ある目的”が明らかになるのは果たして何話目でしょうか?

有明が堕落してしまった理由は?

真琴が合唱に熱心になったきっかけは
幼少時代に有明に歌の素晴らしさを教えてもらったことでした。

当時の有明は合唱を心から愛し、生徒たちに合唱を熱心に指導していました。

それが今やすっかりと何事にもやる気をなくしているダメ人間へと変貌していたわけです。

こんなにも有明が変わってしまった理由がある一人の生徒だったようです。
その生徒が一体誰なのか、
さらには有明をここまで堕落させた原因は何なのか
というのも重要な見どころの一つのようです。

合唱部はなぜスクールカーストで最下層なのか?

今やすっかりとおなじみのキーワード「スクールカースト」。

最近だと日テレで放送されたドラマ「学校のカイダン」。
このドラマもスクールカーストがテーマになっていましたよね。

ドラマ「表参道高校合唱部!」でもこのスクールカーストがドラマに強く関わってきます。

今回のスクールカーストは「一軍」「二軍」「圏外」の3階層ですが、
合唱部はなんと最下層の「圏外」。

クラスメートで一軍の引田里奈(森川葵)からは
合唱部には関わらないほうがよい
と忠告されるほどです。

確かに合唱部の部員が集まらないのも納得いきますよね。

それでも真琴は合唱部の立て直しをすることを決意します。
そのため、「転校生」という属性も合わさり
真琴自身も「圏外」に位置づけられてしまいます。

しかし、そもそも表参道高校は合唱の名門校だったはず。
それがスクールカーストで最下層にまで落ちた原因は一体何でしょうか?

こればかりは有明だけが原因とは思えないのですが・・・。

他にも「表参道高校合唱部!」には謎がありそうです。
まずは第1話を楽しみに待つことにしましょうか。