7/24に放送された「表参道合唱部!」の第2話。

不登校の元部員の宮崎祐(高杉真宙)も合唱部に戻り、
廃部回避のボーダーラインである8人まであと2人というところまでとなりました。

しかし、話の内容としては予想通り、
祐は嵌められた
ということでした。

しかも、その背後には「優里亞様」こと谷優里亞(吉本実憂)が・・・。

1話から優里亞には何か裏の顔をあるかと思ったら、
どうも思った以上に深い闇がありそうです。

そこで2話の内容を確認しつつ、優里亞様の闇について検証したいと思います。

スポンサーリンク

表参道合唱部!の祐が「不登校」となってしまった経緯は?

祐が「不登校」となってしまった直接の原因。
それは半年前の窃盗事件でした。

具体的には昨年の文化祭実行前に
文化祭実行委員だった数名の財布からお金が抜き取られるという事件が発生しました。

このときは各自部活動もお休みということで目撃者はなく、
このまま迷宮入りで終わる、と思いきや妙な噂により話は急変します。

それは
祐が複数人の財布からお金を抜き取っているところを見た
という噂。

噂を流したのは竹内風香(小島梨里杏)、相原ほのか(長谷川ニイナ)、
そして引田里奈(森川葵)でした。

また、目撃情報は実は優里亞から出たものでした。

情報元を知ってか知らずか最終的には表参道高校中で教師も含めて
祐が窃盗事件の犯人だ
という噂が信じられ、祐は人間不信となり不登校となってしまったわけです。

ちなみに、祐が退学処分とならなかったのは
確実な証拠がなかったので後のトラブルを学校側が恐れたから
ということになるんでしょうかね。

まあ、教頭の天草五郎(デビット伊東)であれば祐の退学を望んでいた可能性は大ですが、
校長の大曽根徳子(高畑淳子)がそれを止めた、ということもあり得ますかね。

事実、祐は無実どころかこの窃盗事件には全く無関係だったので
退学処分にしなかった
という判断は正しかったわけですが。

優里亞が祐を嵌めた理由は?

夏目快人(志尊淳)は半年前の窃盗事件の目撃者が優里亞と知ったときに
優里亞に問い詰める場面がありました。

その時の優里亞の台詞が

私が嘘つく理由なんてある?
宮崎祐を犯人にしてあたしが何か得すると思ってんの?

でしたね。

結論から言えば
宮崎祐を犯人にすることで優里亞が得することは十分ありました。
それが優里亞が嘘つく理由です。

簡単に言えば
祐に自分の知られたくない秘密を知られたと思った優里亞が口封じをした
というのが祐を嵌めた直接の理由だったんです。

それほどに他人に知られたくなかった優里亞の秘密とは何だったんでしょうか?

優里亞の深すぎる闇とは?

谷優里亞といえば今や表参道高校の中では「優里亞様」と言われるほど、
タレント業もこなす超完璧なスーパー女子高生です。

しかし、幼馴染だった快人の話によると
元々はそんなに派手な女の子ではなかったようです。

とはいえ、家庭の事情で優里亞の両親が離婚してしまい、
優里亞が遠くに引っ越してしまってからは疎遠になってしまったとのことでした。

実は離婚した理由は優里亞の父・島田良一(加藤虎ノ介)の事業の失敗でした。
このことで多額の借金を背負ってしまった良一は職も失い、
路上生活を送ることとなってしまいます。

一方、母・薫(原沙知絵)は優里亞を引き取り、
実業家の谷克己(山田純大)と再婚することになります。

克己自身は芸能の業界にいるわけではないようですが、
かつて薫が女優を目指していて挫折したことがあり、
娘の優里亞に夢を託したいがために薫が克己に強く頼み込んだようですね。

優里亞が芸能界にいるのはこのような経緯があったわけです。

しかし、長身でスタイル抜群の母・薫とは違い、小柄な体型の優里亞です。
せっかくのドラマ主演の機会も寸前で他のタレントに取られたりと
あまりうまくいっていないようです。

表参道高校ではスクールカーストのトップに君臨している優里亞ですが、
義理の弟の俊介(濱田龍臣)からも馬鹿にされているようで
家庭内での優里亞の立場はそれほどよくないようですね。

そんな中ふとしたことで良一のことを知った優里亞はたびたび良一に会い、
生活費の足しとしてお金を渡すようになりました。

快人には父からお金をせびられている、と言っていましたが
良一から優里亞にお金を要求していることはなく、
優里亞自身が自主的に渡しているようですね。

ある日、その現場を祐に見られてしまいました。
もちろん、祐は優里亞と良一の関係は全く知りません。

しかし、優里亞は
祐に自分の知られたくない過去を知られた
と判断しました。

祐が部活動が休みの日でも一人で練習していることを知っていた優里亞は
自ら窃盗事件を起こし、祐になすりつけたわけですね。

優里亞の深すぎる闇は今後解消されるのか?

谷優里亞が表参道合唱部に入る条件は優里亞の闇が解消されることとなるでしょう。

しかしこの窃盗事件ですが、
結局祐の無実は証明されていません。

というのは優里亞本人以外に事件の真実を知っているのは快人だけ。
恐らく里奈はもちろん、
優里亞の取り巻きの風香とほのかも窃盗事件の真相は知らないでしょう。

もし知っていれば刑事事件の共犯ということに成りかねませんので
何か弱みを握られる等の理由がなければ
そこまで運命を共同するとはさすがに考えられませんよね。

快人だけは優里亞の実の父親の顔を知っていて、
優里亞が会っていたというホームレスの姿を見たときに
状況を察して香川真琴(芳根京子)に先に帰らせていました。

快人の追及に優里亞も同意しており、
さらには自ら盗んだことも認めているようにも見えます。

話が大きすぎるだけに快人自身も公にできないと判断したわけですね。
その代わり、快人は優里亞に

もう、宮崎祐にも合唱部にも関わるな

と申し出ています。

しかし、優里亞の反応を見ると素直にこれを受け入れるとは思えません。

優里亞は表では「応援している」と言いながらも
どうも合唱部さらには真琴自身を敵視しているようにも見えます。

他にも優里亞の闇はあるようにも見えますが、
それはおいおい3話以降に明らかになっていくことでしょう。

しかし、昔からの表現で

綺麗な薔薇には棘がある

というフレーズがありますが、
優里亞の棘は一筋縄ではいかない棘のようです。