ドラマ「ナポレオンの村」に登場する和食屋「与志田」。

与志田の絶品郷土料理を見ると、夕飯を済ませた後なのに
また何か食べたくなってしまうのは私だけでしょうか?

1話の花ずしとこんかいわしも中々のものでしたが、
2話で登場した料理もまた一度味わってみたくなる料理でした。

その料理とは「いか人参」。
人参とスルメを醤油漬けした料理です。

しかし、この組み合わせと料理の見た目。
なんかどこかで見たことあるような気がしたんですね。

で、思い出したのは松前漬けです。
確か松前漬けも人参とスルメを使っていましたよね。

このいか人参と松前漬け、実は深い関係があるようなのです。

スポンサーリンク

いか人参ってどんな料理?

冒頭でもいか人参はどんな料理か触れましたが、
改めてもう少し詳細について確認してみたいと思います。

いか人参の作り方は非常にシンプルです。
スルメと人参を細切りにして、
醤油、日本酒とみりんなどで味付けをするだけです。

とはいえ、いか人参は福島県の北の方の郷土料理であり、
地元では家庭料理としてお酒のおつまみのほかおかずとしても食べられています。

そのため、家庭毎に作り方が微妙に異なるんですよね。

ちなみに料理サイトのクックパッドでもいか人参のレシピが紹介されていました。
本当に材料、レシピともにシンプルなので一度作ってみるのもよいかもしれませんね。

もちろん、
本場のいか人参が食べたいっ!
というあなたもご安心ください。

ネットでちゃんとお取り寄せができますよ。

意外と知られていない松前漬けの詳細とは?

松前漬けは普通にスーパーに売っていたり、
お弁当の付け合せに入っていたりするので知っている人が多いと思います。

細めに切ったイカ、人参、それに数の子に不思議なネバネバがついているという
ちょっと珍しい料理ですよね。

とはいえ、
なぜ、松前漬けという名前なの?
とか松前漬けについてあまり詳細を知らない人が多いのではないでしょうか?

ここで改めて松前漬けについて紹介したいと思います。

実は松前漬けも郷土料理です。
場所は北海道。

ちなみに松前とは
かつて北海道の松前郡松前町周辺にあった松前藩から来ています。

元々は数の子メインでそれにイカと昆布をつけ合わせて
塩漬けしたものを松前漬けと呼んでいました。

しかし、数の子がとれにくくなったため、
いつの間にイカと昆布がメインになりました。

今でいうと松前漬けも色合いから醤油漬けが普通と感じるのですが、
意外なことに最初は塩漬けで醤油漬けに変わったのは
松前漬けが全国に売られるようになったから、とのことです。

いか人参と松前漬けとの県民(道民)を巻き込んだ因縁とは!?

結局のところ、いか人参も松前漬けもメインがイカと人参というように共通しています。

実はこのことからいか人参は松前漬けから派生したもの、
逆に松前漬けはいか人参から派生したもの、
という説があるんです。

実際のところ真偽は明らかになっていないわけですが、
過去の経緯を見たところでは、
北海道民は松前漬けからいか人参ができた、という説が信じられており、
逆に福島県民にはいか人参から松前漬けができた、と信じられているようです。

実はいか人参は過去に他の番組で紹介されたことがあるんです。
その番組とは日本テレビ系の情報バラエティ番組「秘密のケンミンSHOW」です。

ここで福島県の名産としていか人参が紹介されたのですが、
ここで「松前漬けをヒントにいか人参ができた」と説明がありました。
確かに今でもケンミンSHOWの公式ページでそのようにいか人参が紹介されています。

このことが福島県民の怒りをかい、
TV局には苦情の電話が殺到したとか・・・。

という事態まではさすがに発展していないかと思いますが、
いか人参と松前漬けについては北海道民、福島県民(特に北部)の人にとっては
割とセンシティブな問題のようなので、くれぐれもご注意ください。