7/19から放送されているTBS系の日曜劇場「ナポレオンの村」。

唐沢寿明さん演じる浅井栄治が限界集落に数々の奇跡を起こすドラマとして
話題になっていますよね。

そんな「ナポレオンの村」を盛り上げているのがドラマの主題歌です。

オープニング曲は
さあ、これから始まります!
と言わんばかりのにぎやかなBGMです。

しかしこれに比べてエンディングの主題歌はしっとりとしたバラードなんですよね。

この曲を聴くと、
さあ、日曜日も終わったことだし、明日からまた1週間頑張ろうかな
という気持ちになりますよね。

そんな、ナポレオンの村の主題歌情報について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ナポレオンの村の主題歌を歌っているのは誰?

ナポレオンの村の主題歌を歌っているのは平井堅さんです。

実は平井堅さんが日曜劇場の主題歌を担当したのは、
2011年の4月~6月に放送された「JIN-仁-(第二期)」の「いとしき日々よ」以来です。

4年ぶりということになりますね。

平井堅さんの優しい歌声がドラマだけではなく、
神楽村の村人、そして浅井や岬由香里(麻生久美子)たち
星河市役所農林商工課のメンバーの心を癒してくれるようにも感じます。

ちなみに平井堅さんの前のシングル発売が2014年の12/10でした。
この時の曲「ソレデモシタイ」がこちらです。

なんというか、今回の主題歌とは違いかなりシュールですよね。

ナポレオンの村の主題歌のタイトルは?その深い意味合いとは!?

ナポレオンの村の主題歌のタイトルは
君の鼓動は君にしか鳴らせない
です。

何となく意味深なタイトルでありますが、
ナポレオンの村公式ページの主題歌情報
平井堅さん自身が主題歌についてコメントしていました。

やはりドラマ「ナポレオンの村」を意識して作った完全書き下ろしの曲とのことです。

また、曲を作るにあたり、以下のような内容を盛り込んだともコメントしています。

ドラマでは現状を打破しようと葛藤する人々の姿が描かれていますが、
誰にでも理想と現実があり、
理想とは“手の届かない遠いもの”。

しかし、それは“灯台もと暗し”なのかもしれないと。
ドラマの舞台となっている村のように、
豊かさや尊さや誇りみたいなものは遠いところにあるのではなく、
日々の挫折や諦めの中で“自分の手の中にある”ことを忘れてしまっているだけ。

実は現状を打破する鍵は自分の中にあるのではないか
ということを暗示するような内容ですよね。

「ナポレオンの村」2話でも岬が浅井にした
どうやって村に希望を与えようと思ってるんですか?
という質問に対して、浅井はこう返していました。

与えるなんてそこまで傲慢じゃないよ。
俺にできることは、
きっかけづくり。

村中に子供たちの笑い声が響き渡るようになったら
村の人たちの心に希望が湧いてくると思うんだよね。

そうなるきっかけを作りたいんだ。俺は。

このセリフと主題歌のタイトルの「君の鼓動は君にしか鳴らせない」が
実にシンクロしているようなんですよね。

そんなナポレオンの村の主題歌「君の鼓動は君にしか鳴らせない」のPVが公開されました。

おばあさんと平井堅さんとのダンスが非常に印象的ですよね。

ちなみにこちらはショートバージョンの曲のPVです。
できればフルバージョンの曲を聴きたいところですが、
それはCD発売までのお楽しみということでしょうかね。