タレント業もこなす容姿端麗、誰もがうらやむ優等生、
しかし実は内部に非常に深い闇を抱え、
ドラマ「表参道高校合唱部!」の中で一番の危険人物。

さて、一体誰のことでしょうか?

はい、優里亞様こと谷優里亞(吉本実憂)のことですね。

ドラマの番宣等や公式ページのトップ画像を見ると
優里亞が合唱部に入部することはほぼ確定でしょう。

しかし、3話までの優里亞の行動、そして4話の予告映像を見ると
入部どころか合唱部を潰す方向に動いているようにしか見えないんですよね。

しかし、実は近いうちに優里亞も合唱部に入部するという噂が流れているんです。
そのXデーはなんと5話。
思ったより直近なんですよね。

そこで、谷優里亞及び優里亞を演じる吉本美優さんの人となりを紹介しつつ、
優里亜が5話で合唱部に入部するという噂の真相に迫ることにします。

スポンサーリンク

谷優里亞演じる吉本美優ってどんな人?

ここで、まずは谷優里亞を演じる吉本美優さんについて紹介したいと思います。

まずは、プロフィールから。

愛称 みゆ
よしもん
生年月日 1996年12月28日
出身地 福岡県北九州市
血液型 AB型
身長 160 cm
スリーサイズ 72 – 58 – 82 cm
靴のサイズ 23.5 cm

所属事務所はオスカープロモーションです。
オスカープロモーションといえば、国民的美少女コンテストがありますが
実は吉本さん、2012年の第13回大会のグランプリを受賞しています。

ちなみに当時の映像がこちらです。

他の出場メンバーももちろんきれいなのは間違いないですが、
やはり吉本さんが頭ひとつ抜けているように見えるのは気のせいでしょうかね?
この時点でかなり完成されているようにも見えます。

確かにこの容姿なら「優里亞様」と呼ばれても全く違和感がありませんね。
ただし優里亞は見た目に反して、非常に腹黒いという裏の顔があります。

吉本さんのイメージが落ちるんじゃないか?
という心配はありますが、
実は以前にもいわゆる悪役を演じたことがあるんです。

それが映画「罪の余白」です。
この時の役はなんと主人公の安藤聡(内野聖陽)の娘を
死に追いやったというモンスター女子高生。

最後まで聡と大人たちを翻弄するというかなりダークな役です。
公開予定が2015年の10/3とのことなので、
チェックしてみてはいかがでしょうか?

そのほかにも結構裏の顔を持つ女性を演じていることもあり、
今回の美人ながら闇が深いという役は
吉本美優さんにとっては案外ハマり役なのかもしれません。

これまでの谷優里亞の行動をおさらい!

ではこれまでの谷優里亞を振り返ってみましょう。

共通しているのは、主人公の香川真琴(芳根京子)を
表では応援していると言いながらも
裏では明らかに妨害していること。

1話では当時取り巻きだった引田里奈(森川葵)を合唱部に嘘入部させ、
学校集会の発表で里奈にとんずらさせ、
合唱部の発表を台無しにしようとしていました。

そして、2話では半年前の窃盗事件の真犯人であり、
その目的は元父親の秘密を知ったと思った
合唱部元部員の宮崎祐(高杉真宙)を嵌めることでした。

3話では幼馴染の夏目快人(志尊淳)の忠告を受け入れ、
大人しくとなったと思いきや、実は裏でとんでもないことを企んでいました。
なんと、合唱部の部員が揃って廃部の危機を回避するや否や
今度は標的を合唱部顧問の鈴木有明(城田優)に変更したわけです。

ここには有明が合唱の情熱を失う原因となった元表参道高校の生徒の
小山田周二(中河内雅貴)とその母親・綾子(古村比呂)も巻き込んでいます。

どうも優里亞は、
目的のためなら手段を得ない
性格のようですね。

谷優里亞の入部が5話である根拠は?

こんな優里亞が5話に入部する、と言われても信じる人はあまりいませんよね。

しかし、実はこの根拠が公式ページの中に隠されているんです。
それは吉本美優さんのインタビューです。

ここで吉本さん自身が以下の話をしているんです。

そのことも含めてどんな展開が待っているのか?
楽しみにしていただきたいところですが、
監督からは「第5話はがんばりどころだよ」って言われているので、
今から緊張しています。

え、これだけ!?根拠弱すぎない?
と思う人もいるでしょう。

しかし、5話で優里亞に何か大きな動きがあることは間違いないでしょう。

そもそも、3話の途中や4話の予告映像を見ると
どうも優里亞のタレント業に陰りが見え始めているようです。

元々は優里亞の母の再婚相手の紹介で入った芸能界ですが、
優里亞の一家を見るとうまくいかなければ
そのまま切り捨てるようなこともしかねない雰囲気があるんですよね。

となると、このタイミングで芸能界とは決別し、
合唱部へ入部する、ということもあり得ないことはないわけです。

もちろん、今まで優里亞がしてきたことを合唱部員が知れば
入部することは大反対でしょう。

しかし、真琴だけでなく高校時代の真琴の母(佐藤玲)も言っていたという
誰にでも歌う資格はある
という言葉で結局入部できるのではないでしょうか。

とはいえ、これはあくまで噂レベルの話です。
真相は4話、そして5話で明らかになることでしょう。