8/7放送の表参道高校合唱部!は4話に突入します。

サブタイトルは
有明の過去…暴かれる真実~原宿祭りでスペシャルメドレー♪
です。

7/31放送の3話のラストはちょっと衝撃的でしたよね。

やっと合唱部の部員が8人揃い
これでやっと香川真琴(芳根京子)は本来の目的だった
「あいのうた」探しに専念しようとしていました。

しかし、今度は顧問の鈴木有明(城田優)が訴えられてしまうことになってしまいます。
訴えたのは3話で有明を怒鳴りつけていた主婦(古村比呂)です。

そして、校長室のドアの向こうにはやはり谷優里亞(吉本美優)が。
この主婦に何か情報を流していたシーンもありましたし、
今回のことも優里亞がけしかけたことは明らかでしょう。

しかし、有明はなぜ訴えられてしまったのでしょうか?
そもそもこの主婦は誰なんでしょうか?

今回4話は有明が合唱への情熱を失った原因となったとある事件が話の中心となるようです。
そこで今回は過去の有明の事件に重点をあて、あらすじを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

表参道高校合唱部!で有明が情熱を失った原因とは!?

3話の最後で有明が訴えられた理由。
それは、5年前の事件に遡ります。

訴えた主である小山田周二(中河内雅貴)は表参道高校の元生徒であり、
さらには元合唱部部員でした。

発端は5年前の合唱大会でした。
本番前でどうしても周二一人だけが音が合わないことに有明は悩んでいました。

そこで、有明は周二にある指示を出します。
しかし、それは周二にとっては非常にショックなことでした。

このことから周二は自宅の風呂場で手首を切り、自殺を図ります。
発見が早かったので大事には至らなかったわけですが、
結局、周二は合唱部を辞めるだけではなく、表参道高校も退学してしまいます。

この出来事で有明は当時の合唱部員からは「人殺し」と言われるようになり、
また有明自身もこの事件の一番の原因が自分であると自分を責めるようになり、
合唱の情熱を失ってしまったわけです。

そういえば、2話でこんなことがありましたね。

2話では当時窃盗事件の疑いを持っていた宮崎祐(高杉真宙)を
真琴は合唱部に戻ってきてもらうように動いていましたが、
部長の相葉廉太郎(泉澤祐希)は祐が戻ることに難色を示していました。

祐が合唱部に戻ることで合唱部自体の評判が悪くなってしまう
ということを廉太郎は恐れていたわけです。

しかし、そんな廉太郎に有明は

(お前は俺と)同じだよ。
俺もかつてお前と同じ選択をしたことがある。

と言っていました。

実はこの事件のことを指していたんですね。
そのとき有明は

あいつ(真琴)はバカだな。

と言っていました。

しかし、本心はかつて自分の選択により最悪の結末を迎えたことを後悔していて
お前は俺みたいになるな。
と言いたかったのではないでしょうか?

表参道高校合唱部!4話のあらすじは?

周二と母・綾子(古村比呂)はあの事件から5年たった今でも、
有明のことが許せないようでした。

有明は以前に何度か、周二の元に謝罪に訪れていたようですが、
綾子が門前払いしていたようです。

たまたま、3話で副顧問の瀬山えみり(神田沙也加)が目撃していましたね。

そして、4話で優里亞からまだ合唱部の顧問をしているという事実を知り、
今回、ついに綾子と周二は有明を訴えることを決意します。

このことにより、有明は自宅謹慎を命じられてしまいます。

有明は合唱部の活動にはあまり関わらなかったわけですが、
それでも真琴から頼まれた合唱用の曲のアレンジは引き受けていました。

なので、有明が「活動停止」となっている状態は真琴にとっては非常に痛いことでした。

そんな中「原宿祭り」というイベントで学校の近所の敬老会の人たちや
子供のグループも参加する大合唱会をすることになりました。

もちろん、表参道高校の合唱部がこのメンバーのまとめ役となるわけですが、
部長の廉太郎では力不足なのは否めません。

合唱部には有明がどうしても必要と確信した真琴は、
有明に合唱部に戻ってもらうために、
周二に訴えを取り下げてもらうように動き出すわけですが・・・。

表参道高校合唱部!4話の見どころは?

4話では優里亞が引き金で5年前の事件が再燃してしまうことになるのですが、
逆にこの事件が5年ごしでやっと解決に向かいそうです。

これにより、有明もかつての有明に戻り、
周二と綾子も救われることになるのではないでしょうか。

優里亞にとっては行動が裏目に出ることになるわけですが、
まあ、致し方ないですよね。

しかし、一点気になる点があるんですよね。
真琴はこの5年前の事件を廉太郎から聞いているんです。

ということは廉太郎はこの事件を知っていたということですよね。
なぜ、廉太郎がこの事件を知ったという疑問もあるのですが、
それよりも気になることがあります。

なぜ、廉太郎は事件を知っていたのに合唱部に入部したのでしょうか?

4話までは新しく合唱部に入部する(戻る)メンバーについては紹介されているのですが、
実は元々合唱部にいるメンバーのことはあまり焦点が当たっていないんですよね。

今後5話以降で廉太郎のほか、佐々木美子(萩原みのり)、
それに山田アンドリュー(瑛)の話はあるのでしょうか?

山田アンドリューに関しては、ちょっと気になることもありますからね・・・。