表参道高校合唱部!も8/21放送で第6話となります。

気が付くと部員も10名により
当初に比べて随分部活らしくなってきましたね。

男女構成も5:5とバランスがよく、
今まであまりなかった「恋バナ」関連も6話以降に登場するとか。

6話では中心人物が2人います。

1人は表参道高校校長の大曽根徳子(高畑淳子)。

元合唱部の顧問であり、鈴木有明(城田優)に後任をまかせ
合唱からは引退してしまったんですよね。

そしてはもう一人は佐々木美子(萩原みのり)です。

表参道高校では「根暗」のため、圏外となっていますよね。

この美子が6話で谷優里亞(吉本実憂)により大変身するようです。

変身後の姿の美子は一体どのような姿になるのでしょうか?

スポンサーリンク

表参道高校合唱部!の美子ってどんな人物?

まずは、公式ページでの佐々木美子の人物紹介を確認しましょう。

圏外のクラスメイト。合唱部員。
普段は無口で”非リア充”の典型的な腐女子。
クラスでもひっそりと目立たないよう心がけているが、
実は、合唱部員の前では機関銃のようにおしゃべりになるという、
毒舌がポンポン飛び出る”ドS”キャラ。

少なくとも表参道高校では「地味子」というキャラが
定着化しているのは間違いないようですね。

現在、美子の腐女子属性は表には出ていないようですが、
6話以降では表参道高校や合唱部の男子同士の恋愛を妄想する美子が描かれるのか
ちょっとだけ気になるところです。

本来は「見た目も中の下」という設定にしたいところなんですが、
演じているのが萩原みのりさんということで
どうしても「知的なメガネ美人」となってしまうのはいたし方ないところでしょうか。

しかし、あえて萩原みのりさんを美子役にしたのは
6話があったからといっても過言ではないでしょう。

※実際には「表参道高校合唱部!」のオーディションに通っているわけですから、
ルックスだけではなく、当然萩原さんの演技と歌唱力も高く評価されているはずです。
念のためですが。

表参道高校合唱部!の美子がなぜ変身?

美子が変身するきっかけとなったのはやはり優里亞の存在です。

といっても、美子が優里亞に嫉妬した、というわけではなく、
優里亞が美子を変身させたかった、というのが正しいです。

優里亞といえば、中学時代はかなりおとなしいほうでしたが、
芸能デビューをすることにより、雰囲気が大きく変わりました。

芸能界はどうしてもおしゃれに敏感になってしまう環境です。

というわけで優里亞はふとしたきっかけで美子が磨けばえらい美人になることに
気がついてしまったわけです。

ということで、合唱部の合宿前に女子部員5人だけで買い物に行く機会に
優里亞は早速美子を変身させることを決めたわけですね。

表参道高校合唱部!の美子の変身後の姿って?

実は、表参道高校合唱部!のオープニング映像に
美子の変身後と思われる姿が登場しています。

毎回見ているはずなのに、私も実は今まで見逃していました。

実際には、部員と顧問の有明がイラストに変わるところです。
ここで美子のイラストを確認するとあることに気が付きます。

そうなんです。
イラストの美子はメガネをかけてないんですよね。

さらには長い髪を前に垂らし、軽く束ねているようにも見えます。

ということで萩原さんのそんな映像ないかな、と探してみました。
・・・今のところ、こちらの映像がそれに一番近いですかね。

何だよ、単なる中の人(萩原みのり)のインタビュー映像じゃん!
とツッコミたいのもわかります。

しかし、確認した限りでは今まで萩原みのりさんが髪を束ねたところって
見たことがないんですよね。

こちらの映像も「変身後の美子」の髪型とはちょっと遠いですよね。

しかし、6話の美子はこのくらい美人になるんじゃないかというのが想像できます。

一度は「圏外」となった優里亞も
変身した美子と一緒に「一軍」に返り咲き!
・・・というような展開はさすがにないとは思いますが。

注意:表参道高校合唱部!のテーマは「スクールカースト」ではなくあくまで「合唱」です。

追加情報(8/19)

いつの間にか、YoutubeのTBS公式 YouTubooチャンネルに
表参道高校合唱部!の第6話の新バージョンの予告映像が更新されていました。

ここに変身後の美子がしっかり写ってます。

何となく素の萩原みのりさんに近いような感じですが、やはり美人ですよね。

ちなみに、萩原みのりさんの公式ブログによれば本当にバッサリと髪を切ったようです。