8/21放送の表参道高校合唱部!6話のあらすじについて紹介したいと思います。

大曽根校長(高畑淳子)を中心としたあらすじに続き、
こちらは表参道高校の合唱部内での恋愛模様を中心のあらすじです。

美子の大変身から始まる美子の恋愛話、と思いきや
どうやら他の部員の恋愛話も出てくるようですね。

スポンサーリンク

合宿前の美子のとある出来事とは・・・!?

無料の合宿所を校長に提供してもらい、
無事合宿に行けることになった表参道高校合唱部。

女子部員達は早速合宿の準備という名目で表参道に買い物に出かけます。

合唱の特訓という目的こそあれ、軽い小旅行です。
何かと必要はものがありますよね。

そんな中、5話から合唱部に入部した谷優里亞(吉本実憂)がある光景を見つけます。

それは佐々木美子(萩原みのり)がとある化粧品をじっと見つめているところでした。

優里亞が美子に似合っている、と言うと
美子は今まで化粧をしたことがなく、全く興味がないと必死に否定します。

しかし、優里亞は
今のままじゃもったいない
と美子を大変身させるわけです。

もちろん、他の部員には反対する理由がありません。
むしろ、美子がどんなふうに変身するのが気になるようです。

そして、合宿当日その姿が明らかになるわけです。
※ちなみに変身後の美子の姿についてはこちらの記事に書きました。

意外なところで美子の秘めた想いがバレた!?

公式ページの佐々木美子の紹介を見ると、
美子は部長の相葉廉太郎(泉澤祐希)に恋心を抱いているようですね。

根暗な美子が合唱部に入ったのも
実は中学時代に廉太郎に合唱部に誘われたことがきっかけでした。

だとすると中学時代から廉太郎が好きだった可能性はありますね。

4話までは美子の秘めた思いが表に出ることはなかったようですが、
どうも美子自身、変身後若干舞い上がってしまってバレてしまったようですね。

これがきっかけというわけではないんでしょうが、実は美子だけではなく
他の部員も自分の恋愛について意識するようになったようですね。

美子以外にも恋愛話が!?

実は恋愛話は美子だけではありませんでした。

その夜の男子部員の寝室でのこと。

桜庭大輔(堀井新太)が引田里奈(森川葵)のことが気になっている
と男子部員達に打ち明けます。

里奈といえば、4話の大喧嘩のときに
自分が優里亞にぶたれたときに見てみぬ振りをしたせこい男
と大輔を罵倒していましたよね。

これで大輔が里奈を意識したのかどうかは不明ですが、
ちょっと意外ですよね。

また、香川真琴(芳根京子)も夏目快人(志尊淳)を意識したのか
快人に好きな人はいるのか?と直接尋ねています。

どうも「優里亞様」時代の優里亞に快人のことを忠告されて以来、
逆に快人のことを意識し始めたようですね。

予告映像では大輔→里奈、真琴→快人に関するエピソードが登場していました。

しかし、確か優里亞も幼なじみだった快人に好意がありそうですよね。

だとすると、合唱部内の恋愛話はこれだけでは終わらない予感がします。

美子が部長に猛アプローチ!そしてついに・・・!?

美子の廉太郎への気持ちを知った女子部員達が仕込んだのか不明ですが、
早速変身した美子は廉太郎へちょっとした恋愛テクニックを使い、
アプローチを開始します。

中学時代の美子がどんなだったかは詳細には描かれてはいませんが、
この美子の突然の変化に廉太郎は驚いているようでしたね。

そして、廉太郎とふたりきりになった美子はついに告白をします。

とはいえ、廉太郎自身は本気で
合宿=合唱の猛練習
と考えていたようです。

なので自らこのような恋愛体験をするとは
全くの想定外だったことは間違いないでしょうね。

そんな状況での廉太郎の美子への返事。

ちょっと気になりますよね。

そして、美子は元の美子に戻ってしまうのか、
それとも変身後の美子を保つのかということも注目したいところです。

・・・まあ、切ってしまった髪を元に戻すのは難しいでしょうが。

美子の恋の結末はこちらをご覧ください。