表参道高校合唱部8話の予告映像が更新されていました。

しかし、8話の予告はいきなり衝撃的な始まり方をしていましたね。

それが顧問の鈴木有明(城田優)が発したこの一言です。

宮崎、部活やめるってよ

確かに有明が手にしているのは宮崎祐(高橋真宙)の退部届のようにもみえます。

祐といえば、とある事件がきっかけで半年間不登校でした。

しかし、それでも合唱部をこよなく愛し、
祐が再び登校することになったきっかけも歌でした。

そういえば、不登校前の祐は部活が休みのときも一人で練習していました。
さすがにこのエピソードには主人公の香川真琴(芳根京子)でさえも驚いたほどでしたね。

ある意味、真琴以上の「合唱バカ」ともいえる祐。
そんな祐に一体何が起きたのでしょうか?

スポンサーリンク

宮崎祐が部活を辞める3つの理由とは?


祐が部活を辞める理由は3つ考えられます。

1つは以前から祐自信が抱えていた問題。
そして、あと2つは今回8話で発生するとある出来事が考えられます。

順に確認していきましょう。

祐が合唱部の練習についていけなくなった!?

合唱に関しては、人より練習熱心だった祐。
その裏には実は祐は歌が得意ではなかったという事実があります。

有明が本腰を入れてから練習もかなりハードになってきました。

だとすると、
ついに祐は練習についていけなくった!?
ということもありえるわけです。

・・・まあ、今までの話の流れを見ればこの可能性は極めて低いでしょうね。

祐だけ集中して注意されているわけでもありませんので。

やはり祐は里奈にフラレてしまう!?

8話の見どころの一つが、祐と里奈と大輔の三角関係です。

里奈とのデートを勝ち取った祐。
しかし、予告映像を見るとうまく行ったのかはかなり微妙です。

祐は

普通じゃないんだ、
僕はみんなと違うんだ

と里奈に何かを訴えていましたね。

キス寸前までいった祐と里奈の間に一体何が起きたのでしょうか?

※祐と里奈のデートに関するネタバレはこちらをご覧ください。

やはり祐と大輔の友情がついに壊れる!?

元野球少年の桜庭大輔(堀井新太)は以前から里奈のことが気になっていました。
6話の合宿でそれが周りにバレてしまいましたよね。

実は今回祐が里奈とのデートの約束を取り付けられたのはこの大輔がきっかけなんです。

新学期の最初の日。
「恋の季節が終わってしまった」と嘆く里奈がいました。

ここで大輔が思い切って里奈に話しかけようとしたところに
間に祐が割って入ったわけです。

そして祐はその勢いで里奈をデートに誘い、それを里奈がOKした
というのがあらすじ情報から読み取れます。

大輔にとっては、里奈を横取りされたというわけで心中穏やかでないのは確かでしょう。

しかも別のシーンでは他の男子部員が

祐のことを傷つけたことは事実だろう

と大輔を責めていました。

明らかに祐と大輔の間に何かあったことは確かです。

中学時代からの親友だったはずの祐と大輔。
ついに里奈をめぐってその友情関係は壊れてしまうのでしょうか?

※祐と大輔の関係についての8話のネタバレはこちらをご覧ください。

宮崎祐は本当に部活を辞めてしまうのか?

予告映像では他の合唱部部員を背に一人立ち去る祐が印象的でしたね。

8話の練習シーンでも祐はいないようにも見えます。

しかし、気持ちが表に出てしまうのが歌です。
祐の突然の退部(?)により、合唱部内に漂う重い空気。

それがカリスマアーティストの神島カナ(中島美嘉)の前での合唱で表に出てしまいました。

これを聞いたカナは

嘘くさい上に辛気臭い。
揉めてる合唱団をステージに上げる訳にはいかないから

と合唱部部員達に言い放ちます。

ラストの合唱部とカナのコラボシーンで祐がいるところを見ると
なんとか祐の退部はなくなったようにも見えます。

祐がどうやって戻ってこれたのか、
その経緯が非常に気になるところですよね。

・・・もっとも、これが祐の引退合唱ということであれば話は別ですが。