こちらは
表参道高校合唱部 愛の歌は香川家だけではなく表参道高校も救う!?特別公演って何?
の続編です。

特別公演「愛の歌」の準備も整い、いよいよ本番を迎えることになります。

ここでは「愛の歌」が起こした奇跡について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

表参道合唱部員はどうやって美奈代と雄司を特別公演に呼び出した?

特別公演「愛の歌」の開演は夜です。

ゲストは香川真琴(芳根京子)の両親、
つまり父・雄司(川平慈英)と母・美奈代(堀内敬子)の二人だけです。
※実は後から真琴の妹も真弓(松本来夢)も来るわけですが。

なので、雄司と美奈代が来なければ全く意味がありません。

そこで合唱部は二人が確実に来るようにある方法を取ります。
と言ってもかなりベタな方法です。

具体的には桜庭大輔(堀井新太)は雄司の元へ、
引田里奈(森川葵)は美奈代の元へ向かいます。

そして、
真琴が今まさに学校の屋上から飛び降りようとしている
とそれぞれに伝えます。

もちろん、慌てて雄司と美奈代は飛んできます。

そして、雄司と美奈代が中庭に着いた瞬間、
特別公演「愛の歌」が始まりました。

雄司と美奈代はあまりに唐突すぎる展開に目が点になっていました。
・・・まあ、怒って帰らなくてよかったですよね。

特別公演「愛の歌」のラストは?ついに雄司と美奈代は!?

特別公演「愛の歌」は大曽根が話したエピソードを再現した劇だったのですが、
ラストはやはり「愛の歌」の大合唱です。

しかし、これで終わりではありませんでした。
最後のピースを埋めるのはやはり雄司と美奈代である必要があったのです。

真弓に背中を押される雄司と美奈代。
そして、真琴は雄司と美奈代に歌の続きを歌ってほしいと伝えます。

これに対して美奈代は忘れてしまった、と頑なに断ります。
しかし、スクリーンに次々と映し出される雄司と美奈代、
そして真琴と真弓との家族全員の思い出の写真。

雄司が美奈代と別れる決心をした理由は
愛の歌を歌っていた頃の気持ちが思い出せないために美奈代を幸せにすることができない
と思ったからでした。

しかし、雄司はその時の気持ちをついに思い出します。
そして、雄司は「愛の歌」を歌います。
すると美奈代もそれに答えました。

そして、最後は全員での大合唱となりました。

そして、雄司と美奈代はまた家族全員でやり直すことを決心したのです。

なぜ、表参道高校の廃校話は消えた?

ところで、今回風香とほのかは特別公演「愛の歌」で何を頼まれたのでしょうか?

実は風香とほのかが頼まれたのは照明係でした。

要するに単なる雑用ということになるのですが、
この特別公演「愛の歌」の奇跡の瞬間の目撃者でもありました。

風香は感動しながらもこの映像をスマホでしっかり録画しており、
動画サイトにちゃっかりアップロードしていたのです。

結果、特別公演「愛の歌」の動画は口コミにより瞬く間に15万アクセスを超えます。

そして、翌日には表参道高校には入学希望の電話が殺到していました。
当然、これだけ入学を希望しているなら表参道高校を廃部することなんてできません。

そして、合唱部にも9話の合唱イベントがきっかけで入部希望者が出ることになります。
実はほのかだけではなく、風香も合唱部に入部することが
最後の最後になって判明します。

こうして表参道高校合唱部!は大団円のフィナーレとなったわけです。