あさが来た3週の「新選組参上!」もちょうど折り返し地点を過ぎました。

前回15話では土方歳三(山本耕史)率いる新選組が登場しただけに
ついにあさの前に新選組が参上か?と思いますよね。

しかし、残念ながら加野屋に新選組が参上するのは金曜日放送の第17話です。
ですので、今回は新選組はお休みです。
もう少しだけお待ち下さい。

それよりも今回16話ではあさとはつにちょっとした変化が現れるようですので、
そちらを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

あさが偶然再会した意外な人物とは?

あさは大坂の米会所で意外な再会をします。

その相手は五代才助(ディーン・フジオカ)です。
五代とはあさが幼少期に偶然ぶつかった相手でしたね。

しかもその後イギリスに渡り渡英先からあさに手紙も送っていました。

この時あさの母・梨江(寺島しのぶ)はあさへの恋文だと思い、
慌てて破り捨てましたが、五代自体にはそんな意図は全くないでしょう。

ですので、あさと五代の二人はそのまま恋に落ちる、
なんてことは全くありません。

外国を見てきた五代はあさにこんな一言を残してすぐに立ち去りました。

世の中はこれから大きく変わる

五代の言うとおり日本は大きく変わります。

250年以上続いた江戸時代は終わり、
明治維新により政治の仕組みも大きく変わりました。

そして「富国強兵」の名のもとに日本が世界で大躍進していくことになります。

梨江が大坂に?あさが修羅場!?

梨江が大坂にやって来ました。
目的はやはりあさの姉・はつ(宮崎あおい)です。

はつが嫁いでから梨江はずっとはつのことを気にかけていましたね。
なので、ずっと山王寺屋を訪ねたいという希望があったのですが、
それがようやく実現したということでしょうか。

しかし、あさといい、梨江といい、はつに会うために山王寺屋にやってきたことが、
姑の菊(萬田久子)の逆鱗に触れなければよいのですが・・・。

そして、あさも新次郎のことが気になっていました。
ある日、あさは意を決して新次郎のあとを追うことにします。

当然何も知らない新次郎は美和(野々すみ花)の元に向かいます。
結果、あさと美和が鉢合わせすることは言うまでもないですよね・・・。