大変長らくお待たせしました。
いよいよ新選組が加野屋に参上します。

しかも、土方歳三役は山本耕史さん。
かつてのNHK大河ドラマ「新選組!」でも同役を演じていたこともあり、
ちょっと懐かしいですよね。

今回「あさが来た」17話では
何とあさ(波留)は加野屋にやってきた新選組を撃退します。

もちろん、このことで加野屋で一目置かれる存在となるわけなのですが、
一体あさはどうやったのでしょうか?

スポンサーリンク

閉店後の加野屋に突然の来客!?一体誰?

夫の新次郎(玉木宏)の後を追ったあさは、
新次郎が三味線の師匠である美和(野々すみ花)と合っていたことを知ります。

とはいえ、新次郎は別にやましいことをしていたわけではなかったようで
ひとまずあさはホッとします。

ところがその夜、突然加野屋の扉を叩く音が。
あさと新次郎が表に出るとそこには武士達の一団がいました。

しかもその一団は土方歳三率いるあの新選組だったのです。
新選組といえば誰もが恐れる武装集団です。

さすがのあさと新次郎も身が震える思いでした。

新選組の用件とは?あさは一体?

新選組の両替屋での用件はただ一つです。
もちろんお金の調達です。

新選組は幕府再興のための資金を借りに加野屋にやって来たのです。

しかし、幕府再興のためのお金ともなれば当然その金額は莫大なものです。
ただでさえ、財政難のこのご時世ですから、
両替屋にとってはかなり厳しいですよね。

とはいえ、相手は新選組です。
借金の申し出を断るなど命を捨てるようなものです。

結果、店の人間は黙ってお金を渡そうとします。

ところがここであさが震えながらも思い切った一言を発します。
そのお金はきちんと返してくれるんですね

さすがにあさのこの一言に加野屋の一同は
なんてことを言うんだ
とさらに震え上がることになります。

しかし、土方はあさの度胸に感心します。
そして、他のメンバーを連れてそのまま立ち去りました。

この出来事を間近で見た新次郎はあさに惚れなおし、
加野屋の店の人間もあさを見る目が変わることになったのです。

新選組とあさの戦い(?)はこうして幕を閉じました。

ちなみに「あさが来た」の新選組の登場はこれで終了のようです。
当然、山本耕史さん演じる土方歳三もこれで見納めということになります。
ちょっと残念な気もしますね。

>>>「あさが来た」第3週「新選組参上!」の全体のあらすじはこちら<<<