10/16(金)にTBS系列で放送開始となる金曜ドラマ「コウノドリ」。

前作の「表参道高校合唱部!」では学園が舞台でしたが、
今回のドラマの舞台はとある総合医療センターです。

ちなみにドラマのタイトルをよく見ると「コウノトリ」ではなく、
「コウノドリ」なんですよね。

そんなドラマ「コウノドリ」1話のあらすじについて早速紹介したいと思います。

スポンサーリンク

あるピアニストのライブが突然終了!?一体なぜ?


最初のシーンは医療センターではなく、とある都内のライブハウスです。

ここでは一人のピアニストがライブ中でした。
彼は謎の天才ピアニストで知られるBABYです。

客席はファンで満杯であるところを見ると、
実力、人気ともかなり高いことは明らかでしょう。

しかし、このライブが突然中断してしまいます。

開始からまだ10分しか経過していないにも関わらず、
主役のBABYがその場を立ち去ってしまったのです。

天才ピアニストは実は産科医だった!?

舞台はいよいよ主人公の所属するペルソナ総合医療センターに移ります。

何とそこには先ほどまでライブをしていたはずのBABYが
青い白衣を着て、そこにいました。

実は彼こそがドラマ「コウノドリ」の主人公である鴻鳥サクラ(綾野剛)だったのです。
サクラは天才ピアニストでありながら、産科の名医でもあったというわけです。

1回目放送から医療スタッフが総結集!?

サクラがライブを途中で中断した理由。

それは同じ医療センターに所属する
新人産科医の下屋加江(松岡茉優)からヘルプの電話を受けたからでした。

加江がサクラを呼び出した理由は「未受診妊婦」が救急が担ぎ込まれたためでした。
未受診妊婦とは、産科検診を受けてこなかった妊婦のことを指します。

未受診妊婦は妊娠何週目かも判別できず、
産科にとってみればかなりのリスクの高く
本音を言えばあまり受け入れたくない「患者」です。

しかし、サクラは
お腹の赤ちゃんに罪はない
とこの未受診妊婦の夏希(清水富美加)を受け入れます。

こうして、ペルソナ総合医療センターはサクラ、加江のほかに
新生児科の今橋貴之(大森南朋)と白川領(坂口健太郎)、
そしてソーシャルワーカーの向井祥子(江口のりこ)、
そしてベテラン助産師の小松留美子(吉田羊)も加わり
スタッフフル動員で夏希の出産に挑みます。

「コウノドリ」1話からサクラ達はエンジン全開のようですね。
サクラ達の絶妙なチームプレーが見られることは間違いないでしょう。