いよいよ、10/18(日)から日曜劇場の新シリーズがスタートしますね。
タイトルは「下町ロケット」です。

原作の小説「下町ロケット」はあの池井戸潤氏の作品ということで
既に読んだことある人もいるのではないでしょうか?

しかし予告映像を見たところ、
俳優の独特の演技など、原作の小説では感じることの出来なかった要素が
今回の日曜劇場「下町ロケット」には込められているようですね。

なので、原作を読んだことがある人でも楽しめそうです。

もちろん、原作「下町ロケット」を見たことがなくとも
十分に楽しめることも言うまでもありません。

そんな「下町ロケット」の第1話は何と2時間スペシャルです。
早速あらすじを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

いきなりバッドエンド!?「下町ロケット」の主人公・佃航平とは?


物語の始まりはロケットの打ち上げシーンです。

下町ロケットのラストシーンなのかな?
と思いながら話を進めていくと、
なんとこのロケットの打ち上げが失敗してしまいます。

えええええ、まさかのバッドエンド!?
と驚いてしまいますよね?

実はこれ、下町ロケットの主人公・佃航平(阿部寛)の過去のシーンでした。

航平は元々は宇宙科学開発機構の研究員でした。
今回のロケットの打ち上げの失敗の責任を航平を全て負う(負わされる)ことになり、
結果、宇宙科学開発機構の職員を辞め、父が遺した下町工場・佃製作所を継ぎました。

しかし、研究者から経営者という立場となった航平。
次第に妻・沙耶(真矢みき)と気持ちがすれ違うことになり、
ついに離婚してしまいます。
※現在、沙耶は旧姓の「和泉」を名乗っています。

娘の利菜(土屋太鳳)もちょうど反抗期真っ只中で
航平との仲はかなりギスギスしています。

佃製作所の経営が順調なのが航平にとっては唯一の救い、というところでしょうか。

佃製作所を襲う未曾有の危機とは?

先ほど、佃製作所の経営は順調と書きましたが、
実は夢を諦めたはずの航平が無意識のうちに
ロケットエンジンの開発に力を入れすぎていたようです。

結果、佃製作所は少しずつ業績は下がっていきました。
しかし、これはまだ問題ではありませんでした。

実はそれ以上の大ピンチが立て続けに佃製作所を襲うことになります。

始まりは、主要取引先である京浜マシナリーからの突然の契約打ち切りでした。

このことで佃製作所は一気に資金難を迎えます。

そこで航平はメインバンクの白水銀行に融資を依頼します。
しかし、銀行側は融資を渋り、資金繰りはうまくいきません。

さらにライバル会社のナカシマ工業からは特許侵害で突然訴えられます。
その賠償額はなんと90億円。

もちろんそんな金額を到底払えるものでもなく、
佃製作所はナカシマ工業と法廷で争わざるを得なくなります。

しかし、ナカシマ工業の目的は裁判に勝つことではありませんでした。

佃製作所はナカシマ工業に比べて資金力も弱く、
また弁護士の田辺篤(阿藤快)は文系の出であり、
佃製作所の技術のことを何も知らなかったのです。

このことからナカシマ工業は裁判を長引かせることで
佃製作所を疲弊させ、だいぶ弱ったところで和解案と称して
佃製作所を乗っ取ることを考えたのです。

そして、悪いことは続き、この情報を聞きつけた白水銀行が
何と佃製作所への融資を完全に止めてしまったのです。

まさに絶体絶命の状況です。
ついに、航平は佃製作所を手放す覚悟をします。

しかし、殿村直弘(立川談春)の
最後まであきらめないでほしい
という涙の訴えを聞き、
航平はナカシマ工業と戦う決意を新たにします。

帝国重工の誤算!?財前はどうする?

佃製作所とナカシマ工業が法廷争いをしている前後で
日本を代表する巨大企業・帝国重工では社長の藤間秀樹(杉良太郎)の下、
とある巨大プロジェクトを進めていました。

そのプロジェクトとは国産ロケットの開発です。
いよいよ、ロケットの打ち上げとなった段階でとある問題が発生したのです。

それはロケットエンジンの部品の一つであるバルプについて
既に他社が特許を取得していたという事実でした。

その会社が佃製作所です。

宇宙航空部部長の財前道生(吉川晃司)は
初めて聞く会社の名前に激しく動揺することとなるのです。

>>>日曜劇場「下町ロケット」まとめ情報についてはこちら<<<