先週の「新選組参上!」のラストはかなり衝撃的な内容でした。

はつ(宮崎あおい)はあの後、どうやって納屋を出ることができたのかが
ちょっと心配ですよね。

そして
あさ(波留)とはつは二度と会えなくなってしまうのか?
こちらもどうしても気になってしまいますよね。

こんな状況からスタートした第4週放送の「若奥さんの底力」(1)。
早速あらすじ情報をネタバレしたいと思います。

スポンサーリンク

山王寺屋がはつへの面会拒否!?様子がおかしい!?

前回放送の「新選組参上!」(6)ではつは惣兵衛の母・菊(萬田久子)に
納屋に閉じ込められてしまいました。

二度と今井家の人間に会うな
菊ははつにそう宣言したも同然でした。

また、この菊のお達しは山王寺屋の人間全員に伝わることとなります。

結果、あさが何度山王寺屋を訪れてもはつは留守だ、
と追い返されるようになってしまいます。

山王寺屋が明らかにはつをあさに会わせないようにしているということは
あさでも気が付きそうですよね。

しかし、あさはそれよりも山王寺屋に活気がないことが気になっていました。

先日の新次郎(玉木宏)からの
最近、惣兵衛(柄本佑)を見かけていない
という一言、そして加野屋の財政がよくないことから
山王寺屋も同様なのではないか?
と考えたわけです。

あさがついに動いた!?しかし、新次郎は・・・

山王寺屋の有様を見て、再び加野屋について心配になったあさ。

まずは、新次郎に相談します。
しかし、新次郎でもこればっかりはどうしようもできません。

そもそも
仕事よりも趣味の三味線が優先
というのが新次郎のスタンスです。

帳面の勘定には渋々協力してくれた新次郎でも
この件については取り合ってくれませんでした。

しかし、あさはそれでも諦めることができませんでした。

再び正吉(近藤正臣)と大番頭の雁助(山内圭哉)に
借金の取り立てに行かせてくれと頼むのです。

とはいえ、正吉は一度
借金の取り立ては「信用」を壊すことになるからできない
と言っていましたよね。

それが今回に関してはあさの強い押しに負け、
正吉はある条件であさの借金の取り立てを認めることになります。

>>>あさが来た 4週放送の「若奥さんの底力」のあらすじ まとめ情報はこちら<<<