あさが来た 第24話のネタバレ情報です。

ここでは3つの駆け引きのうちの一つ、
はつ(宮崎あおい)の駆け引きシーンです。

ここでは、今井家とのやり取りがメインとなります。

また、あさ(波留)、母・梨江(寺島しのぶ)が長年隠していたとある真実を
はつは知ることになるのです。

今回24話がはつにとってはターニングポイントなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

はつがついに動き出す!?行き先は?

時代の急激な変化により大坂の両替屋は倒産のピンチを迎えます。
もちろん山王寺屋も例外ではありませんでした。

今まで山王寺屋の商いには全くタッチしなかった(できなかった)はつ。

しかし、古井戸での惣兵衛(柄本佑)とのエピソード
はつは山王寺屋の家と惣兵衛を守ることを決意します。

一番の問題はやはりお金です。

次々に使用人を解雇している状況を見れば
山王寺屋にほとんどお金が残っていないことは明らかです。

そこではつは惣兵衛と共に実家の今井家にお金を借りに行くこととします。

今井家での一幕!忠興の答えは?

今井家では、はつの父・忠興(升毅)、母・梨江、そして祖父・忠政(林与一)が
惣兵衛とはつを待っていました。

惣兵衛は忠興にお金を貸してほしい、と頭を下げます。

これに忠興は
貸したお金を返すアテはあるのか
と惣兵衛に聞きます。

しかし、惣兵衛にはそれに答えることはできませんでした。

すると忠興は
商売人に最も重要なものは将来を見据える目だ
と惣兵衛とはつに伝えます。

そして、返すアテがないならお金は貸せない、
と忠興は惣兵衛の借金のお願いを断ります。

忠興の非情な答えに困惑した梨江は
祖父・忠政に「何とかならないか」と助けを求めます。
しかし、忠政も「何も言えない」と答えるしかありませんでした。

しかし、はつはこの忠興の答えを受け入れます。
惣兵衛もはつも忠興が借金のお願いを断ることをどこかで期待していたのです。

逆に惣兵衛とはつにとってはすっきりとしたようでした。

はつが初めて真実を知る?

はつは大坂の山王寺屋に帰る途中に偶然あさと再会します。

あさとの再会に喜びながらもあさがはつの用事について聞こうとすると
はつはお互いお家を守ろうな、とあさに伝え、別れます。

その後、惣兵衛ははつに
山王寺屋を恨んでいるか
と聞きます。

そして、あさと梨江が隠していたある事実をはつに伝えます。

それは元々はつの嫁ぎ先は加野屋の新次郎であったこと、
それが父・栄達(辰巳琢郎)により山王寺屋に嫁ぐことに変わったことです。

初めて知る真実にはつは動揺するばかりでした。

>>>新次郎と才助の駆け引きシーンの全貌はこちら<<<

>>>あさと友利(笑福亭鶴瓶)の商売人同士の駆け引きシーンはこちら<<<

>>>あさが来た 4週放送の「若奥さんの底力」のあらすじ まとめ情報はこちら<<<