「あさが来た」4週の「若奥さんの底力」では加野屋は借金に成功し、
山王寺屋は借金に失敗するという結果となりました。

もちろん、これが直接の原因というわけではないのですが、
それぞれの今後を暗示することになります。

結果、山王寺屋は潰れ、眉山家は夜逃げすることとなってしまいました。

はつ(宮崎あおい)にとってはさらにつらい道に進むこととなってしまいました。
「お姉ちゃんの笑顔」は失われてしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

はつ達が夜逃げ!?面会拒否!?

加野屋はあさ(波留)の活躍により、生き残ることができました。

幕府が新政府軍に負けたときに、
加野屋は新政府とつながりを持つという方針に決めたことが
功を奏したわけです。

一方、山王寺屋はその時代の流れに乗ることができませんでした。
結果、倒産という結末を迎え、夜逃げして行方不明となってしまうのです。

当然、あさは必死にはつを探します。
そして、あさははつが貧しい長屋でひっそりと暮らしていることを知ります。

しかし、あさははつに会いに行ったところ、何とはつは
もう二度と会いたくない
とあさを拒絶します。

そして、間もなくはつ達はその長屋からも姿を消します。

あさは大好きだった姉が遠くに行ってしまったと泣き崩れてしまいます。

後にあさの夫・新次郎(玉木宏)が偶然はつを発見します。
しかし、はつは「あさには絶対に居場所を知らせないでほしい」と新次郎に伝えます。

そこまでしてあさを避けるはつの意図は一体何でしょうか?

あさが才助に八つ当たり!?そして新事業に進出!?

五代才助(ディーン・フジオカ)が新政府の役人として大坂に住むことについて
あさは新次郎から聞くこととなります。

しかし、ちょうどはつ達が夜逃げしてしまった直後のことです。

山王寺屋が潰れたのは新政府のせいだ、とあさは才助に食ってかかります。
しかし才助はなぜかあさを褒め称えます。

そしてその才助のすすめであさは大阪商人の集まりに頻繁に顔を出すことになります。

いよいよ、実業家としての白岡あさの始動、ということでしょうか?

25話~30話のネタバレ情報

「あさが来た」第5週「お姉ちゃんに笑顔を」のネタバレ情報についてはこちらからご覧ください。

>>>「あさが来た」のまとめ情報はこちら<<<