下町ロケット 2話ではナカシマ重工に対してほとんど勝訴に近い和解を勝ち取りましたね。
佃製作所としては一気に追い風に乗って行きたいところです。

しかし、佃製作所にとってはこれはゴールではありません。
あくまでようやくスタート地点に立ったに過ぎません。

いよいよ、巨大企業である帝国重工との対決が始まります。
重要なのは帝国重工から申し出のあった20億円の特許買い取りの件ですよね。

佃製作所の内部では特許を売るのか特許の使用契約を結ぶのかの2択で揉めていましたが、
主人公の佃航平(阿部寛)は何ともう一つの選択肢を選ぶことに決めます。

スポンサーリンク

佃航平の答えは?昔の血が騒ぎ出した!?


帝国重工が欲しがっていたのは佃製作所のもつ水素エンジンのバルブの特許でしたね。

これについて江原春樹(和田聰宏)や迫田滋(今野浩喜)達若手社員達は
帝国重工の気が変わらないうちに20億円で売ってしまおうという意見でした、。

一方、山崎光彦(安田顕)達開発部のメンバーは
幾ら積まれても特許を売りたくはないと主張します。

結局両者の意見は真っ向から対立し、航平の頭を悩ましていました。

そして、2話の最後ではナカシマ工業との決着がつき、
弁護士の神谷修一(恵俊彰)と帝国重工への対応について話し合っていました。

このときの航平の答えは
どちらも選ばない
ということでした。

まさか
佃製作所は帝国重工に何もしないのか!?
と思ってしまいますが、そんなわけはありませんよね。

いくら金銭面の危機は回避できたとはいえ、
帝国重工とのビジネスチャンスを逃すわけはありませんよね。

実は原作にもう一つの答えがあったのです。

その答えは「佃製作所がロケットの開発に参加すること」ということでした。

航平の案は実現可能?社内外で反発必至!?

航平の案は具体的には佃製作所はバルプの特許を提供するのではなく、
バルブそのものを納品するという内容でした。

しかし、この案には2つ問題があります。

一つは帝国重工側の都合です。
帝国重工で進めている宇宙開発計画「スターダストプロジェクト」は
完全内製化が大前提です。

他社の特許を使用するだけでも帝国重工内の調整は難航するというのに、
まして他社の部品と使うなんて言語道断と言っても良いでしょう。

帝国重工としては当然却下したい案であることは予想できますよね。

もう一つは佃製作所側の問題です。
もし、佃製作所が提供した部品の不具合が原因でスターダスト計画が失敗する、
ということになれば帝国重工から多額の賠償金が請求される可能性があります。

経理部部長の殿村直弘(立川談春)の見立てだと
今まで帝国重工はこの計画に100億近い費用を投じていました。

ということはもし損害賠償ともなればこの額に近い請求をされる可能性が高いのです。
ナカシマ工業に特許侵害で訴えられたときの金額が90億でしたから、
それを遙かに上回ることは間違いありません。

航平は社員達に
自分の夢のために会社を私物化するな
と詰め寄られることとなります。

利菜が突然1億円請求!?一体どういうこと!?

航平は娘の利菜(土屋太鳳)に突然思いがけないお願いをされます。

そのお願いとは

1億、貸してください。

という内容でした。

これには航平でなくとも驚きますよね。
原作で利菜の1億のエピソードについて確認したのですが、
私には見つけることができませんでした。

果たして利菜の1億円の目的とは何なのでしょうか?

※そもそも日曜劇場「下町ロケット」では利菜は高校2年生ですが、
原作では中学2年生なんですよね。
さすがに中学生で1億というのはちょっと無理があるかもしれませんね。

>>>日曜劇場「下町ロケット」まとめ情報についてはこちら<<<