11/6放送のコウノドリ 4話は新米妊婦と新米医師のお話のようですね。

新米医師とはもちろん、下屋加江(松岡茉優)のことです。

下屋にとっては産婦人科医としての最大の試練に直面します。
はたして下屋はこの試練を乗り越えることができるでしょうか?

スポンサーリンク

返したはずの妊婦がすぐに戻ってきた!?診断ミス!?


夫の田中淳(和田正人)に連れられてやってきた妊婦・陽子(河井青葉)。

また妊娠21週と予定日は遙か先なのですが、
移動中に破水してしまいました。

いわゆる「切迫流産」(流産しかかっている状態)です。
当然、お腹の赤ん坊が危険な状態にあるのは当然なのですが、
実は切迫流産は母体からの出血も発生することがあります。

この場合、止血がうまくいかなければ
出血多量で母体に危険が生じることもありえます。

つまりは予断を許さない状況である、というわけです。

しかし、この陽子、実は下屋の健診を受けたばかりでした。
この時は特に問題ないと言われたはずなのですが、
自分なこんな状態になってしまったわけです。

当然陽子は下屋に詰め寄ります。

下屋は陽子に何も答えることができませんでした。

切迫流産の現実とは?そして夫婦の出した答えは?

助け舟を出したのが鴻鳥サクラ(綾野剛)です。

サクラは切迫流産を事前に見つけるのは難しい、
そして、少なからず赤ちゃんが確実に危険な状態であることを夫婦に説明します。

そして、サクラは夫婦にある過酷な選択を委ねます。
それは赤ちゃんを助けるか、助けないかです。

これだけ聞けば当然赤ちゃんを助ける方を選択するわけですが、
実は赤ちゃんを助けた場合でもつらい現実が待ち受けているのです。

それは仮に出産できたとしても赤ちゃんに障害が発生する可能性があることです。

現在、お腹の赤ちゃんの体重は420gくらい。
明らかに超未熟児ですよね。

もちろん、この状態では赤ちゃんは100%助かりませんので
もうしばらくお腹の中で様子を見る必要があります。

ただし、状況を考えると予定日近くまで母親のお腹にいることはほとんど不可能な状態です

だとするとお腹の中で十分に育っていない状態で外に出る必要があるわけです。

夫婦はこの厳しい選択肢に苦悩します。
そして、赤ちゃんを助ける選択肢を選びます。

この選択肢が正解だったのか、誤りだったのか、
それは今回の4話、いやコウノドリのドラマ上では結論は出ないようですね。

※今回コウノドリ3話の原作はコミック「コウノドリ」1巻に掲載されています。

下屋の苦悩とは?試練を乗り越えることができるか?

下屋は苦悩していました。

陽子にきちんと説明ができなかったこと、
そして夫婦への厳しい選択肢を迫るというつらい役割をサクラに任せてしまったこと
から自分の不甲斐なさを悔やんでいました。

そして、下屋の苦悩はそれだけではありませんでした。

実は今回からチームペルソナに新しいメンバーが加わります。
メンバーは新生児科医の新井恵美(山口紗弥加)です。

下屋はこの新井に合同カンファレンスで厳しい指摘を受けることになります。

下屋が初めて直面する産婦人科医の壁。
これを乗り越えることはできるのでしょうか?