あさが来た 6週「妻の決心、夫の決意」も10/8放送の37話で最終回です。

夫・新次郎の決意(玉木宏)に救われたあさ(波留)。
これで安心して前に進むことができますね。

そして五代友厚(ディーン・フジオカ)がお守り代わりにあさにあるものを渡します。
さて、友厚があさに渡したものとは何でしょうか?

スポンサーリンク

炭鉱の地主が加野屋に訪問!?地主の判断は?

加野屋に来客が来ました。

来客の名前は櫛田そえ(木村佳乃)、
彼女こそが「蔵野炭鉱」の現地主です。

そえは「蔵野炭鉱」を買い取ろうとしているのがどんな人物なのか気になっていました。

そして、そえとあさはついに対面することになります。

「加野屋の四男坊」と言われたことがあるあさ。
そんなあさの行動を見て、そえは炭鉱を譲る事を決めるのでした。

あさが旅立ち!?友厚があさに渡した「お守り」とは?

ついにあさが九州に旅立つ日が来ました。

あさの付き添いは中番頭の亀助(三宅弘城)です。

宇名山藩の取り立て、奈良の豪商・玉利の借金の依頼など、
すっかりあさの付き添いが定番になりつつありますね。

あさは新次郎達に見送られ、亀助と共に歩き出します。

そこに友厚がやってきてあさを呼び止めます。
お守りです
友厚はそう言ってあさにあるものを渡すのです。

それは実はピストルでした。
あさと友厚(当時は才助)が知り合ったきっかけもピストルでしたね。

しかし、ものがものだけにそんな簡単に発砲するわけにもいきませんよね。

と考えると
使いみちないんじゃないの?
と思うのは正直なところです。

しかし、実は次週放送の「だんな様の秘密」で
この友厚のピストルが重要な役割を果たすことになります。

>>>あさが来た 6週「妻の決心、夫の決意」のあらすじのまとめはこちら<<<