11/14放送の掟上今日子の備忘録の6話のネタバレ情報です。

主演の新垣結衣さんがセーラー服姿で登場するということで
ネット上ではちょっとした話題になっていますね。

しかも、今回は「霊長類最強」の異名を持つあの人も登場します。
厄介、というより演じる岡田将生さんにとっては、今まで以上の災難に見舞われそうですね。

スポンサーリンク

掟上今日子の備忘録 6話のあらすじは?(1)厄介 命の危険!?

厄介(岡田将生)は5話の古本屋のバイトを辞め違うバイトにつきました。

※今回はクビにはされていないようですね。

そのバイトは名門女子中学校の管理作業員です。
濡れ衣とはいえ、今まで厄介は様々な事件の容疑者にされていましたよね。

そんな不審人物が名門学校の職員になって大丈夫なのか
というツッコミはさておき、
やはりここでも厄介の不幸な体質により事件に巻き込まれます。

ある日の放課後、厄介はバイト中に用具室で一人の女子生徒が倒れているのを見つけます。

部屋にはボンベからガスが噴き出していて、部屋の中はガスで充満していました。

慌てて厄介は部屋に入り、女子生徒を助けようとします。
しかし、部屋から出ようとしたそのときにドアが開かないことに気が付きます。

いつの間に厄介は部屋に閉じ込められてしまいました。
酸素はみるみる薄くなり、このままでは自分の命も危険です。

厄介は警報機を見つけ、それを鳴らします。
こうして厄介と女子生徒は無事でした。

掟上今日子の備忘録 6話のあらすじは?(2)遺書があるのに厄介が容疑者!?

女子生徒の名前は逆瀬坂雅歌(さかせざかまさか)(浅見姫香)でした。

現場には遺書が残されていました。
ですので当初の予想では、雅歌の自殺未遂と思われていました。

しかし、いつの間に厄介による他殺未遂という噂が流れてしまいます。
厄介が無実なのは明らかなのですが、
それを証明する雅歌は意識不明のままです。

そんな絶体絶命のピンチの厄介が頼るのはあの人しかいませんよね。

そうです。掟上今日子(新垣結衣)です。

こうして、今日子は学校内の調査を開始します。
そこで調査上に浮かんだのは現場で厄介が見かけたもう一人の女子生徒です。

果たして、事件の真相は如何に!?

掟上今日子の備忘録 6話の原作は?

今回6話で事件(?)の被害者となる逆瀬坂雅歌が登場するのは、
忘却探偵シリーズの4作目の「掟上今日子の遺言書」です。

原作ではなんと雅歌が7階建ての雑居ビルから飛び降り、
落下地点にたまたまいた厄介に直撃するというかなりショッキングな内容です。

この時ばかりは厄介も無事であるはずがなく、
1週間の昏睡状態の末、右腕右足を骨折するという重傷を負います。

しかし、女の子が意識不明でありながらも無事であることを知った厄介は
自分の災難より、目の前で女の子が命を落とさなくてよかったと考えます。

それに今日子は実は骨折に憧れており、
厄介のギブスに異常なほどの興味を示します。

今日子と少しでもお近づきになれたという点では
厄介にとっては役得だったと言える内容の話でした。

掟上今日子の備忘録 6話の見どころは?

掟上今日子の備忘録 6話には霊長類最強女子と言われたあの人が登場します。

そうです。レスリングの吉田沙保里さんです。
吉田さんといえばこちらのまとめページの通り、
数々の最強伝説を残しています。

2016年のリオデジャネイロオリンピック代表も
2015年12月の全日本選手権に出場するだけで内定することになり、
リオ五輪でも吉田さんの活躍が期待できますよね。

そんな吉田さんが演じるのはなんと警察官です。
となると見どころとなるのはやはり厄介が取り押さえられるシーンです。

吉田さんにガチで締められているシーンは見ているだけで痛そうですよね。

>>>放送終了後の「掟上今日子の備忘録」を無料でどうしても見たい!というあなたはこちらへ<<<