日テレの水曜ドラマ「ヒガンバナ」。
いよいよ1/13(水)から放送開始ですね。

早速第1話のあらすじについて紹介します。

以前ヒガンバナはパイロット版が2時間ドラマで放送されたことがありますが、
実は第1話はそのパイロット版より少し前の話であることが判明しました。

スポンサーリンク

ヒガンバナ 1話は雪乃がまだ七課にいない時の話!?

捜査七課ではチームのリーダー的存在で
主人公の来宮渚(堀北真希)とコンビを組んでいるのが
峰岸雪乃(檀れい)です。

雪乃は元々は捜査一課の刑事でした。

しかし、雪乃は上司の不評をかって各部署をたらい回しにされます。
その挙句に最後にたどり着いたのが捜査七課でした。

実は1話ではまだ雪乃は捜査一課に所属しています。
その雪乃が1話目から早速上司の北条光佑(平山裕行)と意見が対立しています。

どうやら今回の連続ドラマ「ヒガンバナ」で
雪乃が七課に飛ばされた理由が明らかになりそうですね。

今回、雪乃は「一時的に」捜査七課に派遣されることになります。

雪乃は1話でこのまま捜査七課に本配属となるのか、
それとも2話以降で雪乃が捜査一課を追い出される決定的な出来事が発生するのか
注目したいところです。

ヒガンバナで雪乃はなぜ七課に?きっかけはストーカー事件!?

捜査一課所属の雪乃はあるストーカー被害事件の捜査を上司に申し出ていました。
しかし、雪乃の申し出はあっさり却下されます。

実はちょうど捜査一課には別の重要な任務が指示されていたのです。
それは東京五輪の海外からの視察団の厳重警備です。

当然、他の捜査に人を割く余裕などなかったわけです。

ところがとあることから自体は一変します。
それはストーカー被害者だった千鶴(関めぐみ)が殺されてしまったことです。

しかし、これは単なるストーカー殺人事件ではありませんでした。
なんと千鶴の「殺害予告」動画が発見されたのです。

さらには千鶴を殺害したと思われる人物は
視察団が乗っている豪華客船を爆破する
という予告動画もアップしていました。

爆破予告は4時間半後です。

当然、豪華客船の爆破予告への対応は捜査一課が行うこととなるのですが、
無関係とはいえないストーカー被害事件も調査する必要があります。

そのため、元々ストーカー被害事件の捜査を希望していた雪乃は
捜査七課に派遣され、渚達と一緒にストーカー殺人事件の捜査にあたることになったのです。

しかし、捜査七課は渚を始め、曲者ぞろい。
この中で「堅物」の雪乃はどう立ち回るのでしょうか?

警視庁捜査七課通称「ヒガンバナ」は
女性犯罪者および女性被害者対策が目的の部署ですが、
1話目からいきなり爆破予告という大事件のオマケがついて来ました。