1/15放送の金曜ドラマ「わたしを離さないで」の視聴率が発表されましたね。

数字だけを見れば「奮わなかった」と言われてしまうのは仕方がないところです。
しかし、これでドラマ「わたしを離さないで」の評価をするのはまだ早いです。

「わたしを離さないで」1話の視聴率の数字に関しては
とある「超えられない壁」が原因であることが判明しました。

スポンサーリンク

わたしを離さないでの視聴率は?過去のドラマと比べると視聴率が全てではない!?

わたしを離さないでの1話の視聴率は6.2%でした。

数字が良いか悪いかと聞かれれば「悪い」と言わざるを得ないでしょう。

ちなみに過去1年のTBSの金曜ドラマの1話目の視聴率がこちらです。

ドラマ名 放送時期 視聴率
コウノドリ 2015年10月~12月 12.4%
表参道高校合唱部! 2015年7月~9月 6.6%
アルジャーノンに花束を 2015年4月~6月 11.5%
ウロボロス~この愛こそ、正義。 2015年1月~3月 11.5%

「表参道高校合唱部!」以外は全て10%を超えており、
それに比べるとやはり「わたしを離さないで」の視聴率はあまり奮っていません。

ただし、唯一10%を切っている「表参道高校合唱部!」は
ドラマの評価は非常に高いんですよね。

表参道高校合唱部!は低視聴率でも満足度1位
というなんとも不思議な評価を受けています。

なので「わたしを離さないで」の良し悪しを決めるのはまだ早いというわけです。

わたしを離さないでの視聴率の「超えられない壁」とは?3話以降が勝負!?

「わたしを離さないで」の視聴率の数字には
ある「超えられない壁」が存在していることが判明しました。

その「超えられない壁」とはジブリアニメです。
実は1/15のこの時間は「私を離さないで」の裏番組として
日本テレビでジブリアニメの超名作である「天空の城ラピュタ」が放送されていました。

このアニメの名言の一つとなった「バルス」。
バルスがサーバーを落とす
というほど、ラピュタには根強い人気があります。

ラピュタのテレビ放送は今回で15回目となりますが、
その視聴率はなんと17.9%。

毎回飽きられることなく、高い視聴率を維持しているんですよね。
まさに相手が悪かったと言ってもよいでしょう。

そして、2回目放送の1/22には再びジブリアニメの「魔女の宅急便」が登場します。
こちらも非常に人気の高いアニメで前回放送の2011年7月8日が
最低視聴率と言いながらもなんと13.5%という高い数字です。

「わたしを離さないで」にとって1話、2話は
まさに試練の2週ということになるのでしょうか。

となると、3話以降が勝負となりますが、
1話、2話の数字が影響することで伸び悩むという可能性もあるんですよね。

ドラマ「わたしを離さないで」はカズオ・イシグロ氏の原作を
忠実に再現した良作であることは間違いありません。

それだけに視聴率により途中打ち切り
という結末はなんとも後味が悪すぎます。

できれば途中のストーリーが端折られることなく、
最終回まで「わたしを離さないで」の世界観を楽しみたいものです。