わたしを離さないで 2話ではついに「森の殺人鬼」が陽光学苑の生徒たちに牙をむきます。

犠牲者は2名でした。

しかし、そこには恐るべき裏が隠されていたのです。
そして、陽光学苑のあの人物が森の殺人鬼の正体であることが判明しました。

スポンサーリンク

「わたしを離さないで」の森の殺人鬼事件(前)消息不明となった二人とは?

森には恐ろしい殺人鬼がいて、
外に出た生徒は身体の臓器を全て抜かれ皮だけにされる。
だから門の外に出てはいけない。

これは陽光学苑に伝わる噂の一つであり、
校長・神川恵美子(麻生祐未)も生徒たちに話していましたね。

そして、まだ幼い陽光学苑の子供たちはこの噂を信じ、
門の外に出たいとも思わなかったのです。

しかしそんな中、外の世界に興味を持つ人物が現れました。
それが土井友彦(中川翼)です。

そして、友彦をイジメていた広樹(小林喜日)と聖人(石川樹)も
次第に友彦の話を聞き、外の世界に興味を持ち始めます。

そんなある日、元々ガキ大将的な存在だった広樹は
ある行動に出ることを決めます。

それは門の外に出て、外の世界を見ることです。

そして、広樹と聖人と友彦は学苑のハシゴを持ち出し、
門を越えようとします。

広樹、聖人、友彦の順にハシゴを登って、門を越えようとします。
しかし、友彦がハシゴを登っている間にハシゴが壊れてしまいます。

広樹と聖人は友彦を置いて、外の世界に一歩踏み出したのでした。

「わたしを離さないで」の森の殺人鬼事件(後)二人の衝撃的な結末とは?

広樹と聖人はある小高い丘の上にいました。

陽光学苑では決して見ることのできなかった見事な景色。
二人は改めて外の世界に出てよかったと実感します。

そして、同時に
このまま「提供」の使命から逃れることができるのでは?
と考えます。

しかし、二人の冒険はあっけなく終わりを告げます。

広樹と聖人の下に一台のワゴン車がやって来ました。
そこに乗っていたのは神川でした。

外の世界に抜けだした事を知り、自分たちを探しに来たと思った
二人は神川に謝罪します。

神川は「仕方がない子」と苦笑しながらも
車に乗るように促し、二人はそれに従います。

一方、終業時間になっても帰ってこない広樹たちを友彦は心配していました。

他の生徒が担当教師に広樹と聖人のことを聞くと、
二人は怪我を負い、入院している
と答えます。

友彦は森で何があったのではないか、と不安に駆られます。

そして翌日とんでもない事実が発覚します。
神川は生徒を集め、生徒たちに広樹と聖人の行方がわからず、
捜索中であるということを話します。

そして、森の殺人鬼事件は衝撃的な結末を迎えます。

それはその日の夕方のことでした。
突然、陽光学苑に女子生徒の悲鳴が響き渡ります。
恭子(鈴木梨央)と友彦たち生徒はその悲鳴の下に駆けつけます。

それは陽光学苑の門でした。
そして、衝撃的なシーンを目の当たりにします。

それは無造作に放置された2足の血だらけの靴でした。
そのうち、1足は血が滴り落ちている状態で門扉に掛けられていたのです。

その靴は広樹と聖人のものでした。

結局、広樹と聖人は見つかりませんでしたが、
二人が森の殺人鬼の犠牲となったことを暗示していたのです。

「わたしを離さないで」の森の殺人鬼事件の真相は?犯人はやはりあの人物!?

ここまでの内容を見れば一番疑わしい人物が誰かわかりますよね?

はい、森の殺人鬼の正体は校長の神川で間違いありません。

広樹と聖人は神川のワゴン車に乗ってから姿を消しています。

そして、この後陽光学苑に戻っていません。
もし戻っていれば陽光学苑の生徒の誰かに見られている可能性があるからです。

では二人はどこにいったのでしょうか?

実は神川本人が二人を本気で心配している
新任の堀江龍子(伊藤歩)に真実を話していました。

結論から言えば、二人は「提供」に出されたのです。

これには2つの理由がありました。
一つは子供の臓器を必要とする患者がいるからです。
そしてもう一つは陽光学苑の秩序を守るためです。

陽光学苑の生徒たちは「提供」の使命のために大切に育てられていました。
そして卒業後の3年間は提供を免れる特権を持っていました。

その理由は陽光学苑の生徒たちが「知的で従順」であるからです。
つまりは決して陽光学苑で育った子どもたちは
提供から逃げることがない、というわけです。

しかし、外の世界に一度でも出た広樹たちは
提供から逃げることができる
可能性を知ってしまいました。

こういった考えの生徒が広がれば、陽光学苑の秩序は失われることになります。

神川は子どもたちの特権を守るため、と言っていましたが、
結局は子どもたちが提供の使命から逃げないようにする、
というのが本音でしょう。

真実(エマバーンズ)は恭子に
仕組まれているとは思わない?
と問いかけていました。

実は過去にも陽光学苑の外の世界に出た生徒は何人かいたのですが、
全て「森の殺人鬼」の犠牲になった、
つまりは提供に出され陽光学苑に二度と帰らなかったということなのでしょう。

以上が「わたしを離さないで」の森の殺人鬼事件の真相です。