ヒガンバナ 2話では堀北真希さんの制服姿が話題になっていましたね。

今回のヒガンバナは堀北さんにとっては、
2015年8月に結婚してから初の出演ドラマです。

そんな堀北さんがまさかの女子高生の制服姿です。
しかし、非常によく似合っていて見ている男子一同は卒倒寸前だったようです。

さて、そんな意外なところ(?)で話題となった2話から1週明けて第3話の放送です。

ヒガンバナ 第3話はどんな内容となるのでしょうか?
早速あらすじを紹介します。

スポンサーリンク

カリスマ主婦に脅迫状!?脅迫されたのは何人?

今回話の中心となるのはカリスマ主婦ブロガー達です。

カリスマ主婦ブロガーとはオシャレな生活やオシャレな料理を
ブログやTwitterなどのSNSにアップする主婦のことです。

世の主婦達を始めとした読者は
カリスマ主婦達の華麗な生活ぶりに憧れるというわけですね。

そんなカリスマ主婦の一人・早紀(紺野まひる)は
テレビや雑誌でも活躍するほどでした。

早紀は新刊発売を記念しサイン会を行っていました。
しかし、その最中突然早紀を驚愕させる出来事が起こります。

なんと、早紀の本に殺害予告の脅迫文が書かれていたのです。

偶然、そこに居合わせていたのは来宮渚(堀北真希)達捜査七課メンバー、
そして、フリージャーナリストの菊池謙人(DAIGO)でした。

謙人から同様の脅迫状が他のカリスマ主婦にも
脅迫状が届いていることを聞いた渚たち。

脅迫を受けたのは早紀を含めて全部で6人であることが判明したのです。

第一の犠牲者!本当にカリスマ主婦!?

早速、6人のカリスマ主婦ブロガー達の安否確認を進める捜査七課。

5人の無事は確認できたのですが、
1人だけ確認がなかなかできませんでした。

そのブロガーについて知られている情報は「いち葉」という名前だけでした。
他には全く素性が明かされておらず、
所在すら確かめることができなかったというわけです。

そこで凛(高梨臨)はいち葉のブログ写真を解析し、
何とかいち葉の住所を知ることができます。

早速、渚と雪乃(檀れい)はいち葉の安否確認に急ぎます。

・・・残念ながら既に手遅れでした。
「いち葉」は既に亡くなっていたのです。

しかし、そこで渚たちは「いち葉」の意外な事実を知ります。

まず、いち葉の住所とされた場所は古びたアパートでした。
そして、いち葉の正体とされた雅子(安藤玉恵)は
一人暮らしの地味で質素なOLだったのです。

SNS上でのカリスマ主婦の姿とはあまりにもかけ離れた「いち葉」の現実。

そして、渚は「シンクロ」します。
つぶやいた言葉は「大丈夫……」

一体この言葉は何を意味するのでしょうか?

明かされるカリスマ主婦ブロガー達の理想と現実とは!?

「いち葉」こと雅子が殺害されたことで、
カリスマ主婦ブロガーの連続殺人事件に発展する
と捜査一課長の北条光佑(平山浩行)は判断します。

そして、北条は捜査七課にカリスマブロガー達の保護を要請します。

渚と雪乃のコンビは早紀の警備を担当することになりました。
早紀には一人息子の悠(須田瑛斗)がいました。

7才になる悠から「寂しさ」を敏感に感じ取る渚。
そして、「理想の母」とされた早紀の素顔も次第に明らかとなっていきます。