金曜ドラマ「わたしを離さないで」も2/5放送の4話から第2章へと突入しました。

陽光学苑を卒業し、保科恭子(綾瀬はるか)、土井友彦(三浦春馬)
そして酒井美和(水川あさみ)の3人は同じ「コテージ」へと移ることとなります。

気になるのは3話のラストで陽光学苑の校長の神川恵美子(麻生祐未)と
教師の山崎次郎(甲本雅裕)の会話にあった
また、今年も生徒に伝えることができませんでしたね
という一言。

そして、なぜか片足分だけ放置されていた生徒のものと思われる靴。
神川はその靴を見て酷く憤慨していましたね。

実はこれらの何気ない内容は全て4話へとつながっていたのです。
早速「わたしを離さないで」の4話のあらすじを紹介します。

スポンサーリンク

わたしを離さないで 4話のあらすじは?コテージでの3人の生活ぶりとは?


恭子、友彦、美和のコテージでの新しい生活が始まります。

コテージには先輩住人として立花浩介(井上芳雄)、金井あぐり(白羽ゆり)、
譲二(阿部進之介)、信(川村陽介)、桃(松岡恵望子)がいて、
コテージの管理には「外の世界」の人間の峰岸(梶原善)が担当していました。

しかし、コテージは陽光学苑のような明るい学校生活とは大きく異なり、
愛や嫉妬が渦巻くまさに男女のドロドロとした世界でした。

たまたま付き合っていた友彦と美和はそんな世界にも馴染むことができたわけですが、
恭子だけは一人段々と孤立していきます。

神川と山崎が行っていた「生徒たちに伝えられなかったこと」とは?

今までも現在のシーンで恭子が病室にいる美和や友彦たちを訪ねるシーンがありましたね。

実は3話の最初でその理由が説明されたことに気が付きましたか?

このとき、恭子と珠世(馬場園梓)は
まだ「提供者」ではなく「介護人」だったのです。

介護人とは臓器を提供することで身体が不自由となった
「提供者」を介護する提供者候補のことです。

もちろん、介護人も将来的には提供者となるわけですが、
提供者の介護の仕事以外は割りと自由が効きます。

実は神川たち陽光学苑の教師は「介護人」のことを生徒たちに伝えていないんですよね。
ということは恭子たちが「介護人」のことを知るのは「コテージ」ということになります。

しかし、ここで一点だけ疑問があります。

それは2話で神川が堀江龍子(伊藤歩)に話していた
陽光学苑の生徒だけの特権
についてです。

この特権とは学苑を卒業したらすぐに「提供者」となるわけではなく、
数年の猶予があるということです。

つまり特権とは「介護人」のことを指す可能性が非常に高いですよね。

しかし、コテージの先輩住人の中で
「ホーム」と呼ばれる陽光学苑とは別の施設出身であることが
人物紹介で明らかになっています。

浩介やあぐりが恭子達と同じ、陽光学苑の卒業生であるなら納得がいくのですが、
なぜ先輩住人が「介護人」のことを知っているのでしょうか?

※陽光学苑の出身者以外なら別に知る必要のない情報ですよね。

その理由は4話で明らかになります。

真実の計画とは?恭子にとっては天の助け!?

生徒達が車でそれぞれのコテージに向かった後に残された片方の靴。

この靴が真実(中井ノエミ)のものであることは間違いないでしょう。

3話のラストで真実は恭子にあるものを手渡しましたよね。
そのあるものとは発信機でした。
真実はこの発信機が靴に取り付けられていたことを恭子に話します。

実は2話で学苑を抜けだした広樹と聖人を直ぐに発見したのは
この発信機があったからだったんです。

真実は発信機を取り外した靴をわざと学苑内に残したのです。
つまり、この時点で真実は陽光学苑(外の世界全体?)に反旗を翻すこと
を決意していました。

真実は恭子とは別のコテージでしたが、恭子のことは気にかけていました。
その心配どおり恭子はコテージでは孤立してしまいます。

そんな最中に真実は恭子を手紙で呼び出すことにします。
恭子は衝撃的な手紙の内容に心を揺さぶられ、真実の元に向かいます。

一体、真実は何を実行しようとしているのでしょうか?

以上が「わたしを離さないで」の4話のあらすじです。