2/26放送のわたしを離さないで 7話から柄本佑さんと水崎綾女さんが登場します。

以前、柄本さんは綾瀬はるかさんと「世界の中心で、愛をさけぶ」で共演し、
水崎さんは三浦春馬さんと映画「進撃の巨人」で共演していました。

実はドラマ「わたしを離さないで」でも柄本さんは綾瀬さんが演じる恭子、
そして、水崎さんは三浦さん演じる友彦とそれぞれに大きく関わることになります

早速「わたしを離さないで」最終章の柄本佑さんと水崎綾女さんの役柄を紹介します。

スポンサーリンク

「わたしを離さないで」での柄本佑の役柄は?恭子の心の支え!?

「わたしを離さないで」で柄本さんが演じるのは加藤という人物です。

加藤もやはり「提供者」であり、実は恭子が介護人を担当することになります。
ドラマでの加藤の位置づけは「父性を感じる人物」とのことです。

自分の運命に対しては達観しているところがあり、
そんな加藤に恭子は心のうちを何でも話せてしまうようですね。

第2章のコテージ篇では井上芳雄さんが演じる立花浩介が
一時は孤立した恭子の支えとなっていました。

しかし、よく考えてみると浩介との関わりがきっかけで
恭子の裏の顔が表面化し、
結果的に3人の関係が崩壊していたようにも見えるんですよね。

今回の加藤はもちろん浩介とは全く違う人物です。

果たして加藤は恭子の「希望」の鍵となるのでしょうか?



世界の中心で、愛をさけぶ

「わたしを離さないで」での水崎綾女の役柄は?友彦との関係は?

一方、水崎さんが演じるのは中村彩という人物です。

恭子は加藤の介護人という立場でしたが、
彩と友彦は逆の立場となります。

つまり彩は友彦の介護人という立場になります。

彩はもちろん陽光学苑の出身ではありません。
しかも、幼少期はかなり劣悪な環境で育ったようです。

コテージ篇では他の施設の出身者として桃(松岡恵望子)という人物がおり、
陽光学苑出身者の特別扱いを強く嫌悪していましたよね。

そう考えると陽光学苑以外の施設は
あまり良好な教育環境ではなかったこと
も考えられます。

ただし、彩は桃とは違い陽光学苑出身の友彦に対して
心優しく接しようとします。

友彦としては、恭子に介護人のリクエストを出していたので
若干残念に思うところはあるのでしょう。

しかし、彩の優しい心がそんな友彦を救ってくれるとよいですよね。

まとめ:「わたしを離さないで」の柄本佑と水崎綾女は重要な役!?

人物紹介を見た限りでは加藤と彩はそれぞれ
恭子と友彦の大きな支えとなってくれそうですね。

「わたしを離さないで」の最終章のテーマは「希望」です。

一度は希望を持つことを諦めた恭子ですが、
加藤によって恭子は再び希望を取り戻すことになるのでしょうか?

そして予告映像を見た限りでは友彦は「終焉」を目前にしながらも
「サッカー選手になる夢」は捨てていないように見えます。

そんな友彦の最期を見とるのはやはり彩なのでしょうか?