水曜ドラマ「ヒガンバナ」も渚の過去の事件の全貌が明らかになり、
一つの山場を迎えることとなりましたね。

ということで3/2放送の8話からはフォーカスはほかに移ることになります。

今回8話ではどうやらヒガンバナのメンバーの一人・凛の過去が重要な点となるようです。

そんな中、凛を演じる高梨臨さんが8話で婦警姿で登場するという話が出ています。

一瞬、凛の過去の姿なのかな、とも思いきや、
だとするとちょっと矛盾しているんですよね。

スポンサーリンク

ヒガンバナの高梨臨の制服姿とは?過去のものではない!?

実は今回の高梨臨さんの婦警姿の件ですが自身のブログでも公表しています。

捜査七課での凛は常に私服姿なので、
そうなると凛の過去の話かな?
と思ってしまいますよね。

ところが、凛のプロフィールにはこう書かれています。

データ重視のリケジョ。

指紋照合、筆跡鑑定、遺留品の出所特定から映像解析まで、
鑑識の仕事は何でも、いとも簡単にこなしてしまう。

この内容から察すると凛は元鑑識課ということになります。

※ちなみに相関図にはちゃんと「元鑑識」と明記されています。

ここで、あれ?と思いませんでしたか。

よく考えてみると鑑識の制服はこんな感じのもので
通常の警官の制服とはちょっと違いますよね。

となると、凛の婦警姿は過去のものではない、ということになりますよね。

ヒガンバナの凛は8話で捜査七課から外される!?

3/2放送のヒガンバナ8話は凛の過去が重要、と最初に話しましたよね。

この過去とは凛がある事件の被害にあったという内容でした。
幸い、事件の犯人の男・郷田(淵上泰史)は逮捕されたのですが、
なんとヒガンバナ 8話でその男が殺されることになります。

しかも、現場からは凛の指紋と凛が捜査一課の東野(市川知宏)から
もらったお守り<まもるくん>が落ちていました。
そのため、凛に事件の容疑がかかり、連行されてしまいます。。

しかも、凛は事件の関与を否定せず、容疑はますます深まるばかりです。

取り調べ上では凛が殺された男を罵倒するシーンもありました。
内容的に警察官としてはかなりアウトな発言です。

となれば、8話の事件がきっかけで凛が捜査七課から外されてしまう
ということをあり得ますよね。

結局のところ、後に凛は犯人だと思った安奈(小篠恵奈)をかばっていたことが判明し、
さらには「犯人」と名乗る人物から声明が届いたことで凛は「シロ」となりました。

しかし、8話の事件に関する凛の発言と行動から
「お咎め無し」というのはちょっと厳しいのではないでしょうか。

その後の凛が捜査七課を外れ、「婦警さん」となってしまうのか
その処遇が非常に気になるところです。

※凛の婦警姿はあくまで「おとり捜査」の一貫だった、
という可能性もゼロではないんですけどね。