TBS火曜ドラマ「重版出来!」の主題歌が
人気ロックバンド・ユニコーンの新曲「エコー」に決まりました。

ドラマもさることながら、ユニコーンの主題歌「エコー」も楽しみですよね。
今回、「エコー」の作詞・作曲を手掛けるのは
ユニコーンのメンバーの一人の奥田民生さんです。

久々のユニコーンの新曲ということもあり、かなり真面目に作った
と奥田さん自身も語っており、ドラマを大いに盛り上げてくれることは間違いないでしょう。

ところで今回の「エコー」の曲は

ユニコーンらしいそこはかとない哀愁とポジティブな世界観が混在したミディアムナンバー

とのことです。

しかし、今更ながら一つだけ非常に気になっていることがあります。

ミディアムナンバーって一体何でしょうか?
せっかくなので調べてみました。

合わせてユニコーンの代表的なミディアムナンバーの曲を紹介しますので、
そこから主題歌「エコー」の曲を予想してみるというのはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

「重版出来!」の主題歌「エコー」のミディアムナンバーって何のこと?

ミディアムナンバーとは簡単にいえば
ミディアムなテンポの曲のこと
です。

テンポが早い曲は「アップ・テンポ」、
逆にゆっくりな曲は「スロー・テンポ」と呼びますので、
「ミディアム・テンポ」とはこの中間にあたるわけです。

つまり、「重版出来!」の主題歌「エコー」は
「ミディアム」な速さの曲調というわけですね。

ちなみにこのミディアムナンバーという言葉ですが、
一点だけ困ったことがあります。

それは
アップ/ミディアム/スローの基準が明確に決まっていない
ということです。

簡単にいえば、曲の作り手の気分次第というわけです。

なので人によっては
あれ、これ本当にミディアムナンバー?スローじゃないの!?
と感じることもあるみたいですね。

ユニコーンのミディアムナンバーの代表は?PVはないの?

というわけでユニコーンのミディアムナンバーの基準を知るには
やはり過去のユニコーンの曲を聞くのが確実ですよね。

ユニコーンというバンド自体がミディアムナンバーのみを歌うということであれば
適用に何か1曲紹介すれば問題ないですよね。

しかし、残念ながら(?)ユニコーンは
例えば「大迷惑」などの超アップテンポの曲や
「デーゲーム」などのスローテンポな曲と
様々な幅のテンポの曲を出しているのでそうはいきませんでした。

そこで、ユニコーンの「ミディアムナンバー」を探してみたところ、
以下の曲がヒットしました。

こちらは2010年6月に発売された「裸の太陽」のPVです。
実は同じ年の2月からは「アクエリアス」のCM曲としても流れていましたので
聞いたことがあるのではないでしょうか?

「重版出来!」の主題歌「エコー」は4/12の放送開始から聞けることとなりますが、
せっかくなのでそれまでにユニコーンの過去の楽曲を振り返る
というのもアリなんじゃないでしょうか?