4/8からテレビ東京系列で放送開始となる
その『おこだわり』、私にもくれよ!!
について紹介します。

原作は清野とおるさん原作の漫画「その『おこだわり』、俺にもくれよ!!」です。

ちなみに単なる「こだわり」ではなく、
頭に「お」がついているのはちゃんとした理由があります。

ドラマ「その『おこだわり』、私にもくれよ!!」の主演は
「コウノドリ」で中心人物を演じた松岡茉優さんです。

そして、共演の「REPLAY&DESTROY」の「押すな押すな」で話題になった
伊藤沙莉さんの2人組で話が展開していきます。

ところでドラマのあらすじと原作を読みくらべてみると
どうもドラマと原作は内容が異なるようなんですよね。

一体どういうことなのか解説したいと思います。

スポンサーリンク

ドラマ名「その『おこだわり』、私にもくれよ!!」で「お」が付いている理由は?

まず気になるのがドラマ名の「おこだわり」の部分です。

単なる「こだわり」ではなく頭に「お」がついているのが非常に気になりますよね。
実はこれには深い理由があります。

清野さんは「その『おこだわり』、俺にもくれよ!!」の中でこう語っています。

日常生活とは得てして面白みのないつまらないものです。

でも・・・僕は知っています。
例外的に日常生活を楽しんでいるこずるい連中がいることを・・・。

彼らの特徴は「おこだわり」をおおっぴらにしないことです。
皆一様にお天道様を憚り日陰でコソコソ楽しんでいるのです。

※全文を載せると長くなってしまうので途中省略しています。

「おこだわり」とは
別にこだわらなくてもいいことにあえてこだわり、
そこに自分だけの幸せを見出しコソコソと楽しむ
行為です。

そして普通のこだわりとは違う、ということで頭に「お」を付けたわけです。

まあ、平たく言えば
つまらない日常生活を楽しむためのネタがほしい
というわけなんですよね。

「その『おこだわり』、私にもくれよ!!」のドラマと原作の違いは?

原作の「その『おこだわり』、俺にもくれよ!!」は
週刊コミック誌「モーニング」(講談社)に連載されており、
現在単行本も発売されています。

そこでドラマのあらすじと原作の内容を比べてみました。

すると話の内容が大きく異なりそうであることが判明したのです。
ドラマでは松岡茉優さんと伊藤沙莉さんがそれぞれ本人役で
日本各地の「おこだわり」のある人を取材に回り、
伊藤さんの自由奔放な行動がいろいろな騒動を引き起こす、という内容です。

ところが原作の漫画では作者の清野とおるさん自らが
「おこだわり人」にインタビューをし、
この「おこだわり」の内容に激しく悶絶する、という内容になっています。

実は原作漫画については一部お試しで見ることができます。

話だけ聞けば本当にどうでもよい話なのですが、
実際にやってみると、なぜ今までやらなかったのかと後悔するような内容ばかりです。

今すぐ「おこだわり」を実践したくなってきたのは私だけでしょうか。

そして、ドラマ「その『おこだわり』、私にもくれよ!!」では
この独特の「おこだわり」の世界がどのように再現されるのかが
非常に気になりますよね。