4/30放送の「お迎えデス。」2話のあらすじを紹介します。

前回1話ではいきなり円が幸に告白という衝撃的な終わり方をしました。

もちろんこれには理由があり、それが今回2話で明らかになります。

あまりに円らしい告白の理由ではあるのですが、
それに対する幸の返しも幸らしいといえば幸らしいんですよね。

スポンサーリンク

お迎えデスで円が幸に告白した理由とは?かなり理論的!?

「お迎えデス。」1話のラストで突然幸(土屋太鳳)に告白した円(福士蒼汰)。

あまりに突然過ぎる円の行動に幸でなくとも
一体何を考えているのか
と思ってしまいますよね。

円が幸に一目惚れしてしまったと思いきや、
実は円に幸への恋愛感情は、少なくともも今の時点では全くありません。

とは言っても今後もあるか?と聞かれても微妙なところなのですが・・・。

実は円が幸に告白した理由は非常にシンプルなものでした。
それは人生経験の少ない自分のステップアップのためだったのです。

まあ、超が着くほどの理系男子な円です。
円らしいといえば、円らしい理由なんですけどね・・・。

※誤解のないように言っておきますが、
理系男子だった私の口から言わせれば、
全ての理系男子が円のような性格ではありませんので念のため。

幸の円への回答は?条件はナンパ!?

気になるのが幸の告白への回答です。

まあ、円の「打算的な動機」から普通に考えればお断りとなりそうですよね。

しかし、幸の答えは意外なものだったのです。
それはある条件さえ満たせば交際を考えてもよい
という内容でした。

その条件とは2話のGSG(極楽送迎)のバイトをやり遂げることでした。
この辺も如何にも円らしいですよね。

今回「お迎えデス。」2話のターゲットとなるのは14歳の少年・和弥(加部亜門)です。

和弥は心臓に病気があり、長い入院生活の末亡くなってしまいました。

和弥が成仏できない理由は看護師・瑞江(比嘉愛未)との
退院したら病院の窓から見える観覧車に一緒に乗る
という約束でした。

幸(土屋太鳳)は和弥が円(福士蒼汰)に憑依しその約束を実現することを提案します。

とはいえ、瑞江にとっては円は赤の他人です。
当然、和弥であることが分かるわけがありません。

要するに円が瑞江をナンパして遊園地に誘い出さなければならないわけです。
しかし、円はナンパどころか女性とまともに話をしたこともほとんどありません。

どう考えても円にはハードルが高すぎる内容ではあるのですが、
円は様々な策を練ります。

結果、円は無事瑞江を遊園地に誘い出すことに成功したわけですが、
一体どんな手を使ったのでしょうか?

「お迎えデス。」2話のあらすじは以上です。