重版出来 4話のあらすじを紹介します。

3話で黒澤心は週刊バイブスの看板作家の担当という大役を果たしました。

しかし、週刊バイブスの編集者の仕事はそれだけではありません。
もう一つ重要なのがやはり新人作家を発掘し育てていくことです。

果たして、心は有能な新人を発掘することができるのでしょうか?

どうも心の初の新人持ち込み面接は苦い結果に終わってしまったようですね。

スポンサーリンク

心の人間観察力が意外に凄い!?五百旗頭に認めるまで


心(黒木華)は副編集長の五百旗頭(いおきべ)(オダギリジョー)に付き、
原稿持ち込みの面接に同席していました。

今回、持ち込みをしてきた新人は
田町と新橋、そして大塚(中川大志)の3名でした。

面接後、五百旗頭は心に3名の印象を聞きます。

心は3人について以下の評価をしました。

まず、田町はいきなり他誌の編集部の悪口をいう時点で
これから「バイブス」で一緒仕事をする気があるとは思えないため論外です。

新橋も何を聞いても答えてくれないため、
今後のコミュケーションという意味でかなり問題です。

3人の中で唯一大塚だけが原稿を読んでいる五百旗頭から一切目を離さないのが
印象的で今後に期待できそうと心は感じました。

五百旗頭は心がよく3人を見ていたことに感心します。
そして、心の人間観察力を認めます。

心の予想どおり、後に大塚は「大塚シュート」というペンネームでデビューした
サッカー漫画「KICKS」が見事にヒットすることになります。

新人は78歳のご老体!?しかも「のらくろ」!?

心は五百旗頭に許しをもらい新人の現行持ち込みの対応をすることになりました。

その第一号が古館一之進なる人物でした。
その人物は78歳のご老人でした。

元々林業をしていた古館は婿に家督を譲り、
隠居することになりました。

そして長年の夢だった漫画家を目指すことを決めたのです。

古館の作品は「のらくろ」みたいな漫画でした。
要するに絵や作風が少し古めの4コマ漫画だったのです。

 

心は青年向けの週刊バイブスだけではなく他の漫画雑誌でも
古舘の漫画は厳しいと前置きした上で、
シルバー層中心の雑誌に持ちこんではどうか
と古舘に答えます。

しかし、心の予想に反してなんとこの古舘の書いた漫画が大ヒットします。

心の馴染みの書店員・河(濱田マリ)に最近の大ヒット漫画を聞いたところ
帰ってきた答えが古舘の4コマ漫画「すうべにいる」だったのです。

心にとっては明らかに「逃がした魚は大きい」状態です。

編集長の和田(松重豊)も心に

お前、うちでも早くホームラン打ってくれよぉ

と改めて発破をかけられてしまいました。