重版出来 4話のネタバレを紹介します。

心の初の新人持ち込み面接は残念な結果に終わりましたが、
その後のコミケで二人の新人漫画家で出会うことになります。

しかしそのうち一人はベテラン編集者の安井に横取りされることになります。

一体なぜ安井は心の担当の新人を横取りしたのでしょうか?

スポンサーリンク

心はどこで金の卵を見つけた?正反対の二人!?

心(黒木華)は菊池(永岡佑)、壬生(荒川良々)、それに安井(安田顕)と一緒に
週刊バイブスの出張漫画編集部としてコミックバザールの会場に来ていました。

コミックバザールでは自分の書いた漫画を売りますよね。
中にはプロデビューを志望する人もいるはずですので、
新人発掘にはぴったりなわけです。

そんな心の元にやって来た漫画家の卵は二人いました。

一人は中田伯(永山絢斗)です。
中田はエンペラーを始め、ライバル誌の主張編集部にも持ち込みをしたのですが、
画力に非常に問題があり門前払いをされていました。

しかし、心が実際に中身を読んでみると異様な魅力に引き込まれてしまうほどでした。

そして、もう一人が東江絹(あがりえきぬ)(高月彩良)でした。
東江は長く趣味で漫画を書いていて、その画力はかなりのものでした。

ただし、東江本人は自分の才能にイマイチ自信が持てず、
結果、心に背中を押してもらう形で原稿の持ち込みをすることができました。

言ってみれば全く正反対の中田と東江ですが、
心は二人をプロデビューさせろうと奮起します。

中田と東江はまだアシスタントの経験がないということで
大物漫画家の三蔵山龍(小日向文世)のアシスタントとして働き、
漫画家としての修行を積むことにします。

安井が横取りした理由とは?東江の画力が高すぎる!?

中田の仮原稿は一発OKだったわけですが、
逆に東江の仮原稿は大苦戦をします。

中々心からOKが出ず、度々多くのダメ出しをもらうことで
東江は焦燥感に駆られます。

そして、東江は三蔵山のアシスタントから
心もまた新人編集者であることを聞かされます。

さらには心が元柔道家と全くの畑違いからの転身ということもあり、
心が担当で本当に自分はデビューができるのか
と東江は心の編集者としての実力を疑うようになります。

そんな中、東江は自分にあるメールが届いていることに気づきます。

送信者は週刊バイブスの心の先輩にあたるベテラン編集者・安井でした。

安井は優秀なイラストレーターを探していました。
そんな中、画像コミュニケーションサイトで公開している東江の絵を見て
白羽の矢を立てたわけです。

もちろん、この時の安井は東江が心の担当であることを全く知りませんでした。

しかし、3ヶ月経っても東江がまだ仮原稿で行き詰まっていることを知った安井は

デビューがいつになるのかできるのかも
わからないまま黒沢と自信を潰すか。

私と組んでサクッと来年デビューしちゃうか。

選ぶのはキミだよ。

と畳み掛けます。

東江は考えた結果、安井と組むことを決意します。
しかし、実はこの選択が後に自分を苦しめることになるとは
東江自身は知りませんでした。