OUR HOUSE 6話でついに不登校生徒の須磨省吾が表に顔を出すことになりました。

しかもいきなり桜子とデートもあるというわけで、
父親の奏太にとっては、桜子がアリスに寛容になったことで一安心する一方
やはり娘の恋愛が気になって仕方がないようですね。

しかし、2人のデートシーンを見て気になるのが、その身長差です。

遠目に見れば兄弟、いや親子にも見えるほどの差に
ドラマの内容以上に気になってしまうのは私だけでしょうか?

スポンサーリンク

なぜ、桜子と省吾がデートに?桜子の一目惚れ!?

まずは、桜子と省吾のデートのいきさつを確認してみましょう。

今まではほとんど声だけの出演だった須磨省吾。

しかし、省吾を演じるのが濱田達臣さんということもあり、
このまま最終回まで姿を見せない
ということはもちろんあり得ません。

ということで6話で満を持して登場するわけですね。

6話ではこの省吾に何と桜子(芦田愛菜)が一目ぼれをしてしまったようです。

桜子の省吾のイメージは引きこもりで太目のキモオタでした。

それが実際の省吾のルックスは桜子の予想を大きく裏切り超イケメンでした。
この思わぬ不意打ちに桜子もコロッとやられてしまったということなんでしょうかね。

一方、省吾も桜子に対して満更でもない様子です。
やはり自分が不登校の間、気にかけてくれたのが桜子だけだったということもあるでしょう。

また、桜子の悩みの聞き相手になっていたもあり、
親近感がわいていたというのもあるんでしょうね。

しかし、それにしては若干二人の関係の進展が早すぎる、というのも気になります。

実は二人のデートの前に省吾は桜子にお願いをし、
桜子の実家にまでやってきています。

※このことで奏太(山本耕史)が桜子の初恋のことを知り、
激怒することになるわけですが。

どうも、半ば強引な展開で桜子と省吾のデートは実現に至ったようですね。

しかし気になるのが予告にある
でも、彼(省吾)の素顔は誰も知らない。
の一言です。

実は省吾が桜子に近づく目的はほかにもあるのでは?、と勘ぐってしまうこの一文。

一体どういう意味なんでしょうか?

濱田龍臣と芦田愛菜の身長差は50㎝超!?加藤清史郎も背が低い!?

まずは芦田愛菜さんの身長から。

こちらにユニバーサルミュージックの公式ページでは
芦田愛菜さんの身長は127㎝となっていました

しかし、よく見ると年齢が10才になっています。
ということは今(2016年)から1~2年前の話となりますので、
それよりは多少は伸びていると考えるのが自然でしょう。

ちなみに、兄役として出演している加藤清史郎さんの身長は157㎝です。
これは自身が出演した映画「暗殺教室-卒業編-」のイベントで明らかにしていましたね。

「OUR HOUSE」の番組公式ページの集合写真を見ると、
加藤さんと芦田さんの身長差はそれなりにありそうです。

となると芦田さんの身長は130㎝前後というのが妥当なところでしょうか。

そして、濱田達臣さんの身長については公式プロフィールにありました。
実は濱田さんの身長は175cmあるんですよね。

さすがに身長差50㎝まではいきませんが、その差約45cmです。

父親の奏太を演じる山本耕史さんが179㎝ですので、
むしろ省吾は兄の光太郎より、むしろ奏太に近い身長ということになるわけですね。

ちなみに濱田達臣さんと加藤清史郎さんの身長も20㎝近い差があるということになりますが、
決して加藤さんの背が低いというわけではないんです。

実は濱田さんと加藤さんは一学年差があります。
具体的には濱田さんのほうが一歳年上なんですよね。

たかが一年と言うなかれ、
実は男子の身長が急に伸びるのはだいたい中学~高校にかけてです。

つまり、加藤さんも今が伸び盛りなので
濱田さんの身長に追いつく可能性は十分にあるんです。

※まあ、逆に濱田さんの身長がさらに伸びる可能性は否定できませんが・・・。

とにかく、
芦田愛菜さんと濱田龍臣さんの身長差は約45cm
ということが明らかになりました。

これで安心してドラマに集中できますね(?)。