ドラマ「重版出来!」もとうとう放送が終了してしまいましたね。

原作の内容がうまく再現されており、
また黒木華さんを始めとしたキャストの方の名演技で
毎回毎回ドラマの放送を楽しみにしていました。

残念ながら視聴率に関しては7%~9%の間を推移し、
若干振るいませんでした。

しかし、私個人としては続編が放送されればぜひ見たいというのが本音です。

ところで実は原作の単行本には登場したものの
ドラマには登場しなかった人物が何人かいました。

続編での出演に期待したい、そんな原作のみの登場となった
二人の女性について紹介します。

※まあ、ドラマ「重版出来!」の続編の話に関しては
2016年6月現在では全く白紙状態なんですけどね・・・。

スポンサーリンク

ある印刷所のDTPオペレーターの話 「バイブス」が関係をつなぐ!?

原作の単行本「重版出来!」は現在7巻まで発売されています。

そして、前半となる1巻~4巻まではほぼドラマ化される中で、
2巻の「第九刷 シンデレラの夜」だけは
一部のエピソードについてドラマ化されませんでした。

エピソードの主人公となるのはとある出版社の一人のDTPオペレーターの女性の話です。

DTPとは卓上出版という意味です。
簡単に言ってしまえば漫画家さんの原稿を出版物に落とし込むという作業です。

もちろん、原稿をそのままコピーして終わり、なんて単純な作業なわけではなく
最終的な文字やイラストの配置を決めたりと結構重要な仕事なんですよね。

「第九刷 シンデレラの夜」のメインは「ツノひめさま」の高畑一寸と
「かまってちゃん」の梨音がついに別れるという話でした。

梨音の家出により高畑の作業が止まり、
原稿を危うく落としかけたという内容ではあるのですが、
要するにDTPオペレーターの女性はその騒動に巻き込まれてしまったというわけです。

実はその日はそのDTPオペレーターの誕生日でした。
誕生日の記念にしばらく疎遠の彼氏とデートをする約束をしていたのですが、
残念ながら直前キャンセルとなってしまったわけですね。

もちろん、DTPオペレーターは彼女一人というわけではないのですが、
その日はたまたま他のメンバーも対応ができない状態だったため、
やむなく、その女性は高畑の原稿待ちで残業する羽目になってしまったのです。

とここまでは結構ありがちな話ではあるのですが、
そこは「重版出来!」です。

主人公の黒沢心のまっすぐな行動がその女性を元気にし、
さらには彼氏の意外なサプライズが待っていました。

しかも、週刊「バイブス」が二人の関係をより親密にするという
意外な展開が待ち受けています。

原作を見た限りではこの女性の名前は明確にされませんでした、
名無しのキャラクターにしてはかなり濃い内容となっていました。

あるグラビアアイドルの話 アイドルの理想と現実とは!?

原作は第5巻の「第二十五刷 グラビアは雑誌の花なのだ!」です。

漫画雑誌の表紙を飾るグラビア。
そんな雑誌のグラビア撮影の話も実は原作にはあったんですよね。

ドラマでも確かに第6話で一瞬だけタレントが登場するシーンはありましたが、
残念ながらアイドルタレントをコアにした話は放送されませんでした。

単行本の二十五刷の話の中心となるのは新人グラビアアイドルの密木わかです。

既にアニメ化されている高畑一寸原作の「ツノひめさま」ですが、
ついに舞台化されることとなり、ヒロインに抜擢されたのが密木でした。

そこで「ツノひめさま」舞台化を記念して
密木わかのグラビア撮影とインタビューをすることになったわけです。

よくありそうな話としては
見た目と違ってタレントのわがままな行動でスタッフが困り果てる
が考えられますが、「重版出来!」は違います。

密木は非常に頑張り屋な性格で撮影、インタビューに対しても
一生懸命な姿を見ることができます。

さらには周りの気配りの怠らない、という非常に好感度の高い女性だったんです。

壬生は事前に心に

タレントがフレンドリーなのは自分たちが出版社の社員であり、
会社を相手にしているから勘違いをするなよ

と釘を刺していました。

しかし、その壬生が密木の性格の良さになんとファンになってしまい、
まさに「ミイラ取りがミイラになる」という言葉がぴったりな状況となります。

しかし、心はそんな密木のグラビアにある違和感を覚えます。
これこそがまさにグラビアの理想と現実でした。

将来はアクションにも挑戦したいという密木に対して、
あくまで「ゆるふわキャラ」として売り出したい所属事務所。

グラビアでは印刷所の職人芸により「ゆるふわキャラ」な密木がそこに存在しています。

言ってみれば暗黙の了解とされている印刷所の職人芸ですが、
そこには意外な裏側があることを知る内容でした。

まとめ:続編放送前に予習は必須!?

ここまでで
原作を読んでないのに勝手にネタバレするな!
と激怒したあなた、ご安心ください。

肝心のコアな部分はしっかり割愛していますよ。
というか、ネタ晴らしをしようとしても
すべて伝えきるのが中々難しいんですよね。

やはり深すぎる裏側を知るには実際に原作本を読んでみるしかない
というわけです。

もちろんいきなりドラマを見ても面白いことは確かなのですが、
原作で予習し、それから「重版出来!」の続編を見ればまた違った感動がありますよ。

※くどいようですが「重版出来!」の続編については今のところまだ予定がありません。

以上、原作「重版出来!」のみに登場した二人の女性の紹介でした。