テレビ東京系列で放送開始となるドラマ「ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~」。
その「ヤッさん」に関して気になるキーワードがあったので調べてみました。

そのキーワードとは「ヤッさんシリーズ」。
一体何のことなんでしょうか?

スポンサーリンク

ヤッさんシリーズとは?ドラマの原作!?

実はドラマ「ヤッさん」には原作が存在します。

その原作とは原宏一氏作の小説「ヤッさん」です。
原作の小説が初めて出版されたのが2009年11月ですから、
今から6年くらい前ということになりますかね。

ちなみにシリーズというくらいですから、
このヤッさん一度だけというわけではありません。

実はその後、ヤッさんシリーズとして以下の小説も発売されました。

  • ヤッさんII 神楽坂のマリエ(2014年3月24日発行)
  • ヤッさんIII 築地の門出(2015年11月20日発行)

ちなみにヤッさんシリーズは2016年7月現在、
月刊小説誌の「小説推理」で連載中であり、
話は完結していません。

ヤッさんが初登場してから、ヤッさん2作目まで若干間は空いていますが、
2作目が発行されてから3作目が登場するまでは大分間が縮まっていますよね。

ということは1作目発表から徐々に人気が上がっていき、
満を持してのドラマ化、ということになるわけですね。

ちなみに公式ページではヤッさんシリーズ3作全てが原作となっていますが、
ドラマではこの原作がどこまで再現されるか非常に気になります。

ヤッさんシリーズってどんな話?

ヤッさんシリーズの主人公は原作の名前にある通り「ヤッさん」です。

通り名は「銀座のヤス、ヤッさん」ですが、実はホームレスです。
と言ってもただのホームレスではありません。

実は食材や料理に関する目利きや舌がかなりのもので
その実力はプロの料理人でも一目を置くほどです。

ヤッさんはその能力を活かし、
多忙のため中々市場に足を運ぶことが出来ない料理人と河岸の仲買人との仲介をし、
その報酬としてまかない飯をごちそうになっています。

服装は常にTシャツ姿ではあるものの、常に身ぎれいにしています。
さすがに食べ物を扱う場に行くということで不潔な状態では当然NGですよね。

しかもジョギングと食後の筋トレと体のケアも欠かせません。
つまりは傍から見ればとてもホームレスには見えない、ということなんでしょうかね。

ちなみに美味しい事件とは「食べ物に関する騒動」を指します。
ヤッさんが食を粗末にするいわゆる「食のハイエナ」を成敗する、
というストーリーは見ていてスカッとし、
気分が晴れた状態で週末を過ごせそうな予感がします。

そんなヤッさんを演じるのは伊原剛志さんです。

やや、硬派でアウトローな雰囲気を持つ伊原さんは
まさにヤッさんにピッタリな配役ですよね。

今から7/22の放送開始が楽しみです。

以上、ヤッさんシリーズについての紹介でした。