木23枠で放送の日テレドラマ「遺産相続弁護士 柿崎真一」の主題歌について紹介します。
主題歌を歌うのは出雲咲乃さんという人なのですが、
一体どんな人なんでしょうか?

せっかくなのでドラマ「遺産相続弁護士 柿崎真一」の主題歌情報と合わせて、
出雲咲乃さんについても調べてみました。

スポンサーリンク

遺産相続弁護士 柿崎真一の主題歌を歌っている出雲咲乃の経歴がすごすぎる!?

まずは出雲咲乃さんの公式の生い立ち(プロフィール)を確認してみましょう。

生年月日は明らかにされてはいませんが、
出雲咲乃さんは2016年現在で19歳の「新世代シンガーソングライター」です。

音楽活動を始めたのは実は16歳の時です。
何と漫画家になるか、ミュージシャンになるか迷った末の結論だったとのこと。

もし、出雲さんが漫画家になっていたらどんな漫画が読めたんでしょうかね。
そっちもちょっと気になります。

ミュージシャンになると決まってから出雲さんのデビューはほんの一瞬でした。

その場でギターを購入し、半年で20曲(実際にはそれ以上)を完成し、
スターダスト主催の第一回のSDRオーディションに応募したら
なんと合格してしまったのです。

まさに「天才シンガソングライター」ですよね。

しかし、彼女の場合はこれで終わりではありません。

出雲さんの経歴はほとんど謎の状態であるにもかかわらず、
なぜか「中学自主退学」というキーワードが付いて回っているんです。

実は出雲さん、中学に3回しか通っていません。
理由は
面白いことがなかったから
とのことでこの辺にも出雲さんの独特の世界観が垣間見えますよね。

ここで、出雲咲乃さんのデビュー曲を紹介します。

Twitterも公開されているので、
出雲咲乃さんの独特な世界観を堪能してみてはいかがでしょうか?

遺産相続弁護士 柿崎真一の主題歌名は?PVは?

「遺産相続弁護士 柿崎真一」の主題歌の名前は「世界のしかけ」です。

「世界のしかけ」は直球で疾走感のある曲です。

ドラマの放送は木曜日の深夜帯となっていますが、
「遺産相続弁護士 柿崎真一」の主題歌を聞き、
スカッとした気分で金曜日を乗り切れそうな予感がします。

実は「世界のしかけ」は今までの出雲咲乃さんの楽曲とは違う仕上がりとなったわけですが、
それでも脚本を聞いて一晩のうちに完成させたという驚くべき事実があります。

出雲咲乃さんの今後の活躍についても期待できそうですよね。

まだPVやCDの発売情報は公開されていませんが、
早く出雲咲乃さんの「世界のしかけ」を聞きたいものです。

以上、遺産相続弁護士 柿崎真一の主題歌と
「中学自主退学」天才シンガーソングライターの出雲咲乃さんの紹介でした。


>>>遺産相続弁護士 柿崎真一の放送をうっかり見逃したあなたはこちら<<<