日テレの水曜ドラマ「家売るオンナ」1話のあらすじを紹介します。

主演は北川景子さんで、今回はドラマのタイトルの通り
「家売るオンナ」の三軒家万智(さんげんやまち)を演じます。

もちろん、ただの住宅売買の営業ウーマンではありません。
何と前の店舗では着任後に売り上げを倍増させたというかなりやり手なんですよね。

そんな「家売るオンナ」万智の常識はずれの凄腕ぶりをドラマ1話から見ることになります。

スポンサーリンク

家売るオンナ 1話あらすじ(1)ドラマの舞台はどこ?哀愁課長の憂鬱!?

ドラマ「家売るオンナ」の舞台は中堅不動産会社・テーコー不動産です。

営業課の課長・屋代大(仲村トオル)は店の売り上げ業績に頭を抱えていました。
若手のエース・足立聡(千葉雄大)はたまに契約をとってくることはあるものの
それ以外の課員は全く戦力になりません。

若手社員の白洲美加(イモトアヤコ)に至っては
入社以来連続売り上げゼロ記録を更新中
という何とも情けない状況です。

そんなテーコー不動産にやってくるのが、
「家売るオンナ」の三軒家万智(さんげんやまち)です。

万智はかなりの凄腕営業ウーマンという肩書の他にも
とびきりの美人ということで足立や庭野聖司(工藤阿須加)の若手男子たちの
期待は高まるばかりでした。

そして、いよいよ万智が異動してくる日がやってきました。

家売るオンナ 1話あらすじ(2)万智の開口一番は?イモトがイジられまくる!?

万智は噂通り、いや噂以上の超美人でした。
しかし、服装は不動産の営業としてはちょっと派手目な服装で
若干独特な雰囲気を漂わせているようにも見えます。

そんな万智は開口一番

わたしに売れない家はありません!

と高らかに宣言します。

いきなりアクセス全開の万智は早速新天地で行動を起こします。

まずは社内ニート化している白洲からです。

万智は白洲の自宅の鍵を取り上げると、
お客様とのアポが取れるまで家に帰るな
といい、サンドイッチマン(サンドイッチウーマン?)として街頭に送り出してしまいます。

これってパワハラギリギリというか
完璧パワハラな気がするのですが、
どうなんでしょうか?

ドラマの展開としては
白洲がついに売り上げ連続ゼロ記録にようやく終止符を打つ
ということを期待したいのですが、
それが1話で実現するかどうかは気になるところですね。

家売るオンナ 1話あらすじ(3)万智が客を横取り!?しかもこの物件!?

次の万智のターゲットとなったのは庭野です。

庭野もまた、白洲と同様売上成績最下位という非常に不名誉な称号を持っていました。

万智は庭野の内見に「半ば強引に」同行していました。
そして、庭野の接客を一通り確認したところで
あなたに家は売れない
と言い放ち、客を横取りしてしまいます。

しかし、それまで家の購入を決められなかった庭野の元客は
万智の華麗なテクニックにより、あっさり家の購入を決めます。

早速
私に売れない家はない
という万智の宣言を実現したというわけです。

さらに万智は庭野のもう一組の客を横取りすることにします。
その客とは医者夫婦の土方家です。

土方夫妻は非常に家への注文が多すぎて、なかなか購入を決められない客でした。

万智はそんな土方家の一人息子の蒼穹(そら)に目を付けます。
実は土方夫妻は蒼穹の世話の押し付け合いでもめていました。

元々は蒼穹の面倒は祖母が見ていたのですが、
その祖母が亡くなってしまったのです。

ベビーシッターを探している
という土方家の妻・弥生(りょう)に対して万智は蒼穹の世話をかって出ます。

もちろん、万智には「土方家に家を売る」という目的があることは言うまでもありませんよね。
ここから万智は意外な行動を起こすことになります。

そして、万智が土方一家を案内した物件は意外なものでした。
果たしてそれはいったい何でしょうか?

以上、家売るオンナ 1話のあらすじ紹介でした。