日曜劇場「A LIFE~愛しき人~」に出演する木村拓哉さんが演じる沖田一光についての記事です。いよいよ1/15(日)から新ドラマ「A LIFE」がスタートしましたね。日曜劇場は私的には毎回はずれのないドラマですので、かなり楽しみにしているんですよね。

※その一方で今回はフジテレビ系列のドラマ「大貧乏」とどちらを見たらよいのか、非常に苦悩するわけですが・・・。

今回、主演の木村拓哉さんといえば元SMAPのメンバーですが、今回SMAP解散後初のドラマ出演かつ主演の作品となります。それだけにA LIFEは「キムタク」の俳優としての評価が改めて問われる極めて重要な作品と言えるでしょう。

そこでドラマ「A LIFE~愛しき人~」の木村拓哉さんの配役と1話での世間の声についてまとめてみました。

スポンサーリンク

ドラマ「a life」の木村拓哉は天才外科医!?


まずは、ドラマ「a life」の木村拓哉さんの配役について確認してみましょう。

沖田一光(おきたかずあき) / 木村拓哉

外科医。心臓血管と小児の外科が専門。
無名の私立大学医学部出身だったためオペの機会をなかなか与えられず、壇上記念病院の院長・壇上虎之介の助言でシアトルに渡った。

経験を積み、比類なき技術を持つ“職人外科医”に。医療界のタブーにとらわれず、「患者を救いたい」という気持ちからオペ技術の向上にたゆまぬ努力を重ね、あらゆる角度からオペを検討する。

10年ぶりに戻った壇上記念病院でかつての恋人・深冬と再会。
深冬の夫・壮大とは幼馴染み。

ドラマ「A LIFE~愛しき人~」の公式ページから引用

今回ドラマ「A LIFE」で木村拓哉さんが演じるのは天才外科医・沖田です。海外から帰ってきた天才外科医が現状の医療を変える、というある意味医療ドラマの王道パターンではあるのですが、その中心となるのが言うまでもなく主人公の沖田というわけです。

しかし、この沖田の設定はそれだけではなく、実は沖田の赴任先の病院の院長の娘・深冬が元恋人だったり、その娘の夫・壮大が沖田の幼馴染だったりと恋愛要素も予感しそうな設定もあります。さらには深冬には「A LIFE」に関係するある秘密があるんですよね。

ドラマ1話を見た時点でもかなりの伏線が込められており、さらにいえばどんでん返しな展開もありました。それだけに2話以降の展開もかなり気になってしまいますよね。

ドラマ「a life」の木村拓哉の評判は?


それでは、ドラマ「A LIFE」での木村拓哉さんの評判についてまとめてみました。まずはこちらから。

わたしが一番気になるのは木村拓哉さんで、木村拓哉さんと竹内結子さんの昔の関係がとても気になります。
また今後の2人の関係性にも注目したいです。
また木村拓哉さんの手術のシーンはすごくかっこよくてずっと見ていられます。
実際に医療現場で働いてる人がツイッターで木村拓哉の手術の手際や、手つきを感心していて自分のものになっているから説得力がある物語になったんだなと思いました。
そしてツイッターでの「A LIFE」という呟きが47万ツイート以上で驚愕でした。
ドラマが始まり、海外から日本へ帰国した主人公沖田演じる木村拓哉がとにかくカッコよかったですね。
今作の木村拓哉の髪型や着ているジャケットなどがカッコよくて印象に残りましたね。
実力派俳優の浅野忠信と向かい合うシーンなどもとても心に残りました。

やはり、木村拓哉さんが「キムタク」である所以というか、「カッコいい!」という声はかなり多いようですね。ファッション等のルックスはもちろんのこと、手術の演技等もしっかり役作りをされており、「さすがキムタク!」といったところでしょうか。

また、その一方でこんな声もありました。

SMAP解散後すぐのドラマであるということと、毎回どのドラマでも「キムタク」感が否めない木村拓哉が、今回の医療をテーマにどのように役に入り込んでいくのか、また、どのように表現するのかというところに注目している。
SMAP解散後初めてのドラマだし、いつも演技に魅力を感じないので、役が木村拓哉に合っているかどうかにかかっているように思うので、今回はどういう役柄なのか、どんな風に演じているのか、期待を込めて見てみたかった、

やはり、木村拓哉さんのSMAP解散後初のドラマということで、今後は「キムタク」がアイドルではなく俳優として本当にやっていけるのかというところに注目している人もいるようですね。

今まで木村拓哉さんが出演していたドラマでは登場人物よりもやはり「キムタク」部分が目立ってしまうというのは本人の知名度から言えば致し方ないところではあります。そういう意味で今回の「A LIFE」で木村拓哉さんが俳優として磨きがかかることを期待したいところですよね。

以上、日曜劇場「A LIFE~愛しき人~」の木村拓哉さんのドラマの配役と世間からの声について、でした。