2017年1月29日放送の「A LIFE~愛しき人~」の3話のネタバレについての記事です。1話は沖田は檀上記念病院の院長を救う話であり、2話でも井川の医療ミスを沖田がフォローし、結果として井川を救うことになりましたね。実はa Lifeの3話も誰かを救う話なんですよね。

今回沖田に救われるのはa Lifeのヒロインで元恋人の深冬です。さて、a Life 3話ではどのようにして深冬は救われたのでしょうか?

スポンサーリンク

a Life 3話のネタバレ①深冬の悩みと女の子の出会い


深冬は小児科医の指導医になるために論文を書いていました。深冬は肩書としては院長の娘であり、さらには副院長の妻です。しかし、今の深冬にとってはその肩書がある意味重みとなっていました。

深冬は育児のために医師の仕事に全力がだせていないことに後ろめたさのようなものを感じていたのです。そこで深冬は小児科の指導医になることで病院のため、自分のためになり、結果として肩書と現状とのギャップから開放されることを望んだのです。

そんなある日、深冬の元に腹痛を訴える7歳の女の子が診察にきました。深冬は診察のため、女の子のお腹をみると、大きな傷があることが判明します。実はその女の子は1年前にジャングルジムから落ちて、手術をしていました。

前の病院で診察した時は、腹痛とお腹の傷には関係がなく心因性のものではないかと言われました。それは女の子が腹痛を訴えていたのが、母親の実家に預けられるときだったからなのです。

とはいえ、沖田と深冬は女の子の様子を見るために、母親と一緒に入院してもらうことにします。その夜、女の子が激しい腹痛を訴えます。今回の腹痛は今までとは違いました。今までは母親がいないことへの不安が原因と思いきや、今回は母親同伴でも腹痛が起こったからです。

a Life 3話のネタバレ②深冬に手術ができない理由とは?


沖田と深冬は女の子の腹痛の原因として腸捻転を疑います。しかし、それには検査をした上でお腹を開いてみないとわかりません。そこで早速検査に入ろうとしたそのとき、深冬のもとへ電話がかかってきました。電話の主は院長でした。

実は深冬が診ている女の子は、小児外科治療学会の権威である蒲生教授が診察していた患者でした。そのため、院長の元へ蒲生教授から連絡があったというわけです。深冬は院長に腸捻転が疑われるから手術をしたい旨を伝えます。しかし、院長の答えは蒲生教授に逆らってはいけないと強く言われ、手術をしないように言われてしまいます。

もし蒲生教授の機嫌を損ねるようなことがあれば小児外科治療学会に居場所がなくなり、小児科医の指導医への道も閉ざされてしまうというわけです。結局深冬は悩んだ末に院長の申し出に従い、手術をしないことを選択します。

a Life 3話のネタバレ③深冬の決定に対する沖田の決断とは?


深冬は女の子を他の病院に転院させると沖田に報告をします。しかし、沖田は深冬の判断に納得しませんでした。沖田は今すぐ檀上記念病院を辞め、女の子の転院先の病院で手術をすると言い出します。もちろん、深冬はそんな沖田の行動を認めるわけはありません。

深冬は沖田に

檀上記念病院を救うために戻ってきたのではないのか

と詰め寄ります。しかし、沖田は

病院のためでも、患者を見捨てるためでもない。目の前の患者を救うためだ

と告げます。

しかし、沖田は懸命に女の子の手術ができる病院を探しますが、受け入れてくれる病院はなかなか見つかりませんでした。やはり蒲生教授の患者ということが影響してしまったのです。

そんなときに壮大はある提案をします。それは深冬に執刀させないことを条件に檀上記念病院で手術を許可するという内容でした。壮大にとっては沖田を檀上記念病院に引き留めることができ、なおかつ院長や深冬への影響を極力減らすことができる一番の選択肢でした。

a Life 3話のネタバレ④深冬の気持ちの変化とは?


その日の翌日女の子の手術が行われることになりました。手術を始めようとしたその時、深冬が沖田の元へやってきました。深冬は沖田に自分に手術をやらせてほしいと懇願します。目の前の患者さんを救うことに一生懸命になる沖田の姿を見て、深冬は医者として大切なことを思い出したのです。

沖田は深冬の必死な姿を見て一緒に手術をすることを選びます。間もなくして院長が手術室に駆け込んできました。反対したにも関わらず沖田と深冬の二人で手術を開始したことに対して、今すぐやめるように止めようとしたのです。しかし、そのとき既に女の子の開腹が行われていました。

結果は沖田と深冬の予想どおり腸捻転でした。となれば、このまま放置するわけにはいかず、手術は継続するしかありませんでした。もちろん手術は大成功に終わりました。

結果的には蒲生教授の意向に逆らったことになるわけですが、手術の結果を考えれば何か報復措置を取るわけにはいきません。もちろん、院長から蒲生教授にはしっかり連絡を入れたので、その後問題になることはありませんでした。

深冬は手術のあと沖田にこんなことを言っていました。

母親として、医師として、覚悟が足りなかった。
沖田先生のおかげで今までとは違う未来が開けたみたい

今回、女の子の治療を最後まで関わることができたことが深冬には満足だったわけです。

a Life 3話のネタバレ⑤壮大の行動は?沖田はどうする!?


この結末に唯一満足していないのが壮大です。壮大は沖田を呼び出します。壮大は沖田に深冬に手術をさせたことを咎めます。さらには深冬のことがまだ好きなのかと沖田に詰め寄ることになるのです。

しかし、沖田が壮大の質問に回答する前に実は3話は終了してしまいました。これに対して沖田はなんと答えるのか非常に気になりますよね。沖田としては今でも深冬のことを想っていそうに感じます。しかし、過去の経緯を見れば沖田は身を引く形でアメリカに旅立ってしまいましたよね。

と考えると、壮大の前で深冬が好きだと答える可能性は低いのではないかなと思います。今の沖田は恋愛よりもやはり医療一筋というところがありますからね。しかし、意外な展開の可能性もゼロではありませんし、正直な気持ちとしてはとにかく早く4話が観たい!!というところでしょうか。

以上、「A LIFE~愛しき人~」の3話のネタバレでした。