草なぎ剛さん主演のドラマ「嘘の戦争」のキャストの六反田についての記事です。六反田は草彅剛さんが演じる一ノ瀬浩一の宿敵である二科興三のおこした会社、ニシナコーポレーションの専属弁護士でしたね。今回は六反田を演じた飯田基祐さんについても注目してみました。

スポンサーリンク

草なぎ剛の嘘の戦争のキャスト 六反田の人物像とは?


嘘の戦争で六反田が登場したのは2話でのことでした。1話ではは五十嵐という人物に二科興三が刺されそうになるところを浩一が助けたところで終わりましたね。2話の冒頭では病院にいる浩一の元に一人の人物が訪ねてきます。

その人物が二科家およびニシナコーポレーションの専属弁護士である六反田だったんですよね。六反田は今回の件について事件ではなく、事故として処理したいと札束を持って現れました。

実はこのとき浩一はこの六反田に何か見覚えがありました。実は六反田は浩一が小さいころに自分の家に新聞配達をしていた少年だったんです。しかし苦学生だった六反田健次が、なぜ今やこのニシナコーポレーションの専属弁護士になっているのでしょうか?

実は六反田は一ノ瀬浩一の両親と弟が殺された事件と関係していました。30年前、一ノ瀬浩一(本名は千葉陽一)の家族が殺される事件が発生しました。このとき事件を目撃していた浩一は、家族のみんなが黒い服の男たちに殺されたと主張していた。

しかし、当日新聞配達をした六反田が、父親が「ごめん」と泣き叫んだと証言をしたことによって、浩一の主張は嘘とみなされてしまったのです。どうもこれがきっかけでニシナコーポレーションと六反田の関係が始まったのではないかと思われます。

六反田は、綺麗な身なり、高価なモノばかりを身につけ一見すると金に不自由していないようにも見えます。しかし、六反田にとっては金はあってもあっても不安でした。それは以前お金がなかったときのことを思い出してあの生活に戻りたくないという強迫観念から来ているんでしょう。

結局、六反田はニシナコーポレーションから相当な金銭を収受していたにもかかわらず、詐欺グループと結託し、さらなる金もうけをしていました。

六反田は二科興三が30年前の事件のことについて話す会話を録音していました。いつか自分に何かあったときのために、それを録音し、貸金庫に預けていたのです。そして、2話でついにそれを使うときが来ました。

浩一のワナにはまった六反田はテープを持ち出します。しかし、ニシナコーポレーションの社長である二科隆に会う前に中身をすり替えられてしまいます。そして、隆と会っている時に彼の弁護士事務所に異変が起きます。

詐欺グループからお金を受け取っている六反田の写真を浩一達がリークしたことで警察の捜査が入っていたのです。六反田は隆に泣きつくが、見捨てられることになります。このまま彼は破滅の道へと向かっていったのでしょうか。

以上が嘘の戦争での六反田についての紹介でした。

草なぎ剛の嘘の戦争のキャスト 六反田役の飯田基祐とは?

今回、嘘の戦争で顧問弁護士・六反田を演じた飯田さんは、「劇団方南ぐみ」という劇団に所属していた時もあり、演技にも定評のある役者さんです。現在は太田プロダクションに所属のベテランの俳優で、書ききれないくらいの数のドラマや映画に出演されています。

ひょっとしたら何度もドラマなどで見かけたことがあるのではないでしょうか?飯田さんのたくさんの作品の中で、私の中で一番印象強いのは「銭の戦争」です。ひょっとしたら「嘘の戦争」は続編ではないか?と話題になった頃の「前作」ですね。

飯田基祐さんは草彅剛さんが演じる白石富夫の証券会社時代の元上司の黒田役でした。「銭の戦争」のときの黒田部長役のときも今回の「嘘の戦争」の六反田役についても非常に存在感のある役どころでしたよね。

過去の飯田さんの出演作を見ても刑事役や医師役、そして今回の弁護士役と様々な役を演じつつ、とても味のある演技をする人だなと印象に残りました。2話で登場は終わりのようにも見えますが、ひょっとすると後々キーパーソン的な存在として再登場、なんてこともあるのではないでしょうか。

以上、嘘の戦争の弁護士・六反田と俳優の飯田基祐さんについてでした。