4月18日火曜夜10時からスタートするドラマ「あなたのことはそれほど」略して「あなそれ」

人気漫画家・いくえみ綾の漫画「あなたのことはそれほど」が原作です。いくえみ綾さんの漫画がドラマ化されるのは初めてなので、いくえみファンはそわそわしていることでしょうね(#^.^#)

でも「あなそれ」のドラマキャストがいまいち、コレジャナイ感でがっかりという声も出ています( ;∀;)それはなぜなのか?ドラマ「あなそれ」の理想のキャストは誰なのか?あらすじも併せてご覧ください。

スポンサーリンク

キャストが微妙?!「あなそれ」あらすじは?


「女性は2番目に好きな男性と結婚したほうが上手くいく」

女性なら誰でも一度は耳にした言葉かもしれない。美都(波留)も中学生の頃占い師にそう言われた。

中学生の美都は涙を流して悲しんだ。美都は有島光軌という大好きな人がいたから…。「私は有島君が好き!有島君がいい!」美都は心が壊れるくらいに思い続けていた。

大人になった美都は…眼科クリニックで医療事務として働いている。そこで患者としてきた渡辺涼太(東出昌大)に一目ぼれされ、交際を申し込まれる。涼太は今まで美都が好きになったタイプとは違う穏やかで優しい男性。美都はずっと有島に似た男性とつきあっていたのだ。

「これが2番目に好きになるタイプの男性なのかな?」美都は穏やかな涼太との時間の中で感じていた。涼太は自分だけではなく、美都の母も大事にしてくれる。結婚相手としては申し分ない。

美都も涼太に惹かれていく…でのそれは2番目に好きという意味。1番目に好きなのか?と言われるとそうではない。1番目に好きなのはやっぱり…有島だった。

でも有島は何も言わずに美都の前からいなくなった。美都は穏やかな時間を、幸せな人生を求め涼太と結婚。みんなに祝福され、女性として愛される喜びを感じ、美都は幸せの中にいた…はずだった…。

神様は意地悪なのか?それとも優しいのか?美都は偶然、有島光軌(鈴木伸之)と再会…。封印したはずの想いが美都の心を激しく揺さぶる。美都は、不倫という禁断の扉に触れようとしていた…!

プチ感想

大好きな漫画家のいくえみ綾さん。中学生のころからずっといくえみ綾さんの漫画を見て恋愛に憧れていました♪

まさか不倫の漫画を描かれていたなんて…大人になったからわかる面白さなのかもしれません(*^^*)いくえみ綾ファンはアラサー、アラフォーが多いので、漫画同様、ドラマも大ヒットするんじゃないかな(^^♪

「あなそれ」ドラマキャストの現実と理想は?


ドラマ「あなそれ」のキャストが発表されました(*^^*)しかし…「理想と違う!」「原作とかけ離れている」という意見もたくさん聞かれるように…。

「あなそれ」のキャスト、キャストが演じる人物像、キャストのがっかりな理由、理想のキャストについてまとめました。

キャスト:波留(役 渡辺美都)

波留について

1991年6月17日生まれの25歳。2015年NHK朝ドラ「あさが来た」白岡あさ役で大ブレイク。「びっくりぽんや~」「なんでだす~?」という言葉を高齢者に広め、国民的女優となりました(*^^*)

2009年頃までは雑誌モデルとして活躍しており、そのころはロングヘアでメイクもしっかり目、いわゆるきれいなギャルでした。女優一本にしてからはショートヘア、薄化粧に。イメチェンは大成功ですね!

波留が演じる渡辺美都について

よく言えば一途、悪く言えば執着心が強い女性。有島光軌のことはを好きすぎて、誰とつきあっても、優しい涼太と結婚しても、心の底で忘れられずにいる。

女性は恋愛において「更新する」タイプだと言うが…美都の場合は更新というより、「名前をつけて保存」…に近いかもしれない。

波留がコレジャナイ感の理由は?

原作の渡辺美都は、少し派手目な雰囲気なので、波留では少し優等生過ぎるという意見も多いようですね(^O^)

「あさが来た」のイメージが強すぎるからなのかも。波留が不倫妻を演じることに、イメージが結びつかないのでしょう。

私もちょっと違うかな?と言う感じ。どちらかというと波留は、有島麗華のほうかな?と思いました(^O^)

理想の渡辺美都役は誰?

ネットでは、沢尻エリカさん、石原さとみさん、吉高由里子さん、上戸彩さんと言う声が上がっています(*^^*)私は石原さとみさんがぴったりだと思いました。悪いことだとわかっていても1番好きな人に会いにいく美都を、切なく、いい意味で下品に演じてくれそうだからです。

キャスト:東出昌大(役 渡辺涼太)

東出昌大について

1988年2月1日生まれの29歳。2013年NHK朝ドラ「ごちそうさん」で、亭主関白で一途な西門悠太郎を演じ、日本中の女性のハートを掴みました(*^^*)

その後、共演していた女優の杏さんと結婚。プライベートではイケメンのイクメンです!

東出昌大が演じる渡辺涼太について

渡辺涼太は、どこにでもいそうな普通の男性。特別かっこいいわけでも、ブサイクなわけでもない、いたって普通の男性。

一途で妻の美都を心から愛している。でも美都の浮気を疑ってからは、携帯を盗み見したり、疑い深くなり、穏やかな内面が崩れていく。

東出昌大がコレジャナイ感の理由は?

原作の渡辺涼太は普通の男性なのです、フツメン。身長もそこまで高くないし、とにかく普通すぎる男性。

東出昌大さんは長身だし、いわゆるイケメン枠。どうしても涼太と違いすぎるという意見が多いです( ;∀;)

でも…冴えない普通の男性・渡辺涼太を、東出昌大さんが素朴に演じることで、俳優としての深みを増すかもしれませんね!

理想の渡辺涼太は誰?

六角精児さん、星野源さん、濱田岳さんの声が上がっています。私は六角精児さんかな?と思いました。でもちょっと年齢的に難しいかな?!

六角さんなら、大きな愛ですべてを受け止める涼太を、最初は真っ白、段々とグレーに演じてくれると思います!(^^)!

キャスト:鈴木伸之(役 有島光軌)

鈴木伸之について

1992年10月14日生まれの24歳。2010年劇団EXILEオーディションに合格。2011年映画「ろくでなしBLUES」渡久地丈一郎役でデビュー!次世代俳優として注目される一人(^^♪

鈴木伸之が演じる有島光軌について

有島光軌は学生の頃からイケメンでモテモテ。中学、高校、大学とずっとモテ期。中学時代に美都と出会う。

高校で妻の麗華と出会い、後に結婚。優等生でまじめ、おとなしい麗華と真逆の世界にいた光軌。外見だけの女性の退屈さ、中身の薄さを知っているからだろうか、麗華の誰にも見せない純粋な可愛らしさ、光軌に媚びない芯の強さに惹かれていく。

鈴木伸之がコレジャナイ感の理由は?

原作の有島光軌と外見が程遠いという声が多いようです( ;∀;)今回、渡辺涼太を演じる東出昌大さんのほうがかっこいいので目立ってしまうのでは?と心配する声も。

でもま、そこは劇団EXILE!それなりにクールに演じてくれると思います。鈴木伸之さんにとってこのドラマは大きなチャンス!

若い鈴木雅之さんにとってはピンチはチャンスなのです(*^^*)あ、どこかで聞いたセリフ…東京タラレバ娘だー!

理想の有島光軌役は誰?

理想の有島光軌役には、三浦翔平さんを推す声が圧倒的に多いですね(*^^*)確かに一番原作に近いと思います。イケメン、そしてチャライ感じがいい!

でも三浦翔平さんは「奪い愛、冬」で目を一杯ひん剥いたから疲れてるよね…( ノД`)シクシク…

キャスト:仲里依紗(役 有島麗華)

ホワイトマスカラちゃん ハマりちゅー #maccosmetics さすがすぎ @maccosmetics

Riisa Naka 仲里依紗さん(@riisa1018naka)がシェアした投稿 –

仲里依紗について

1989年10月18日生まれの27歳。2009年ドラマ「任侠ヘルパー」美空晴菜役で人気を集めました(*^^*)このころは少しふっくらしていましたが、最近はかなりスリムに。

俳優・中尾明慶さんと結婚してママになり、可愛さも残しつつ、大人っぽくなりました(^O^)

仲里依紗が演じる有島麗華について

高校時代から学業とバイトを両立させながら、母親を助けていた。妹にも優しく尊敬され、母には頼られる自慢の娘。

外見はいわゆる地味目の優等生。学生時代は光軌と真逆のところにいた麗華。

勉強もできるが、その他のことも非常にスマートにそつなくこなし、勘が鋭い。幅広い意味で頭のいい、賢い女性。自分の感情を素直に出すことができない、つい優等生としてふるまってしまう面がある。

仲里依紗がコレジャナイ感の理由は?

原作の有島麗華は一重で、少し闇を抱えている雰囲気があります。仲里依紗さんは華やかなので…どちらかというと美都のイメージに近いと言われています。

でも仲里依紗さんも奥二重ですっきりとした目元なので…外見のイメージは近いかもしれません♪

理想の有島麗華役は誰?

一重で普通っぽい女性ということで、吉高由里子さん、黒木華さん、蒼井優さんという声が多いですね。

安藤サクラさんを推す声もあります!ただ、ちょっと年齢が上かな?でも安藤サクラさんが一番近いかな?と思います(^O^)

安藤さくらさんの底知れない演技力で、有島麗華の抱えている闇、鬱積した思いを冷たく、かつ情熱的に演じてくれるはずです。

スポンサーリンク

「あなそれ」ドラマキャストはコレジャナイ感でがっかり?!まとめ


どうしても原作があると、ドラマのキャスティングにブーイングの声が上がりますね♪でもそれだけ原作を愛する熱心なファンがいるという証拠です。

特にいくえみ綾さんの作品は、長く愛読しているファンが多いので、少し厳しい見方になるのでしょう(^O^)

色々言われていましたが「校閲ガール」も「東京タラレバ娘」も大ヒットに終わりました。漫画とは違うドラマの「あなそれ」も絶対面白いはず。

いくえみ綾さんの作品は、会話の間が絶妙なのです。いわゆる行間ってやつです!(あ、懐かしい!カルテット!)ドラマではどんな行間を楽しませてくれるのか、今から楽しみでなりません。

以上、「あなそれ」ドラマキャストはコレジャナイ感でがっかり?!という内容でお伝えしました。

(ライター かおるん(40代主婦))